介護に関わるすべての人に役立ちます。

介護・医療の現場で働いている方

介護・医療現場で介護にたずさわるプロの方こそ、口腔ケアの重要性を痛感される一方で、「正しいケア方法がわからない」「実践方法や手順の知識・技術が足りない」といった不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
資格の取得を通じて正しい口腔ケアの知識とスキルを身につけることで、自信をもってケアができるようになります。

歯科で仕事をされている方

超高齢社会の今、歯科の患者にも高齢者の割合が増加し、高齢者に特徴的な口腔トラブルの治療や予防、摂食・咀嚼・嚥下機能のトレーニングといった口腔ケアが求められています。
介護施設や患者の自宅への訪問診療の際も、介護口腔ケアの知識とスキルが役立ちます。

ご家族の介護にたずさわる方

加齢で身体機能が衰えた方や認知症の方は、自力で口腔環境を整えることが困難になるため、ご家族のサポートが不可欠になります。
カリキュラムには口臭予防や誤嚥性肺炎の予防など、学んですぐに普段のケアに活かせる内容が満載。実際の手順も丁寧に説明していますので、正しいケアの方法がしっかり理解できます。

介護現場の管理者の方

チームや施設全体で取り組むことで、より効果があがります。正しい口腔ケアを取り入れたことで、誤嚥性肺炎の発生率が大きく下がった事例も。
食前の口腔ケアで食事の誤嚥が減ったり、口腔環境が改善されることで食事介助がスムーズになるなど、スタッフの負担の軽減にもつながります。

よくある質問

介護の仕事はしていませんが、活かせますか?

ご家族を介護される方、ご自身やご家族の大切な歯を1本でも多く残すために備えたい方にもおすすめです。口臭予防や実際のケアの手順、認知症の方へのケアの工夫、口腔機能向上のトレーニングなど、口腔ケアの幅広い知識とスキルが身につきます。
ユーキャンなら、はじめての方でもやさしく理解できる教材や充実のサポート態勢をご用意しています。介護の知識や仕事の経験がまったくない方でも、安心して学習に取り組んでいただけます。

「サルコペニア」「フレイル」と口腔ケアが関係があると聞きましたが、どういうことですか?

加齢による筋力の低下「サルコペニア」、身体機能の低下や慢性疾患が原因で起きる心身の虚弱状態「フレイル」は、QOLの低下や要介護度の悪化とも深く関わるため、介護の現場を中心に、その対策が注目されています。そのためには、正しい口腔ケアで食べる力を保ち、低栄養に陥らないことも不可欠と考えられています。

3ヵ月で資格を取得!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

介護口腔ケアのエキスパートとして、家庭や介護施設、地域で活躍が期待される介護口腔ケア推進士。要介護者の口腔環境の改善を適切にサポートし、「口臭予防」「誤嚥性肺炎の予防」「口腔感染症の予防」といった要介護者が抱えるさまざまな問題の解決を助けます。介護福祉士やヘルパー、ケアマネジャー、看護師、看護助手、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、言語聴覚士など、介護・医療業界で働く方のスキルアップにも! ユーキャンの「介護口腔ケア推進士講座」は試験実施団体の認定講座。ユーキャンオリジナルの教材で、知識と技術が効率よく身につきます。テキストは図やイラストが豊富で、はじめての方にもわかりやすい工夫が満載。検定試験は在宅で受けられるので、家事や仕事で忙しい方もムリなく目指せます。

TOP