生活習慣病予防プランナーとは

生活習慣病予防プランナーとは

生活習慣病予防の知識・スキルを持つスペシャリスト

健康診断の結果、意識していますか?

  • 健康診断には、今かかっている病気がないかをチェックするだけでなく「将来病気になる可能性を低くする」という重要な役割があります。
    とくに日本人に多くみられる高血圧・糖尿病・脂質異常症。「サイレントキラー」とも呼ばれるように、これらの生活習慣病は自覚症状がないケースがほとんどです!
    健康診断のC, D判定は、今のままの生活を送っていると、健康が悪化していくサイン。早いうちから生活習慣を見直せば、来年の健康診断でA判定を目指すこともできます!

  • 高血圧って?

    患者数は1,000万人以上とされる高血圧。高血圧とは、血圧が正常の値より慢性的に高い病気のことです。
    血圧が高い状態が続くと血管の内側に圧力がかかってしまい、血管が痛めつけられてしまいます。症状がないからと放っておくと、合併症を起こす可能性も!とくに血管の集中する脳や腎臓、血液を送る心臓などは影響を受けやすく、脳卒中や脳出血、心筋梗塞、腎臓病などにつながることがあります。

  • 糖尿病って?

    糖尿病患者数・予備軍はともに約1,000万人。糖尿病とは、血糖値が正常値より高い状態が、慢性的に続いてしまう病気のことです。
    高血糖の状態が続くと、脳卒中などをはじめ、全身の神経に障害が起こる糖尿病神経障害、人工透析が必要になる糖尿病腎症、失明の恐れもある糖尿病網膜症など、怖い合併症を招く可能性があります。

講座TOPへ戻る