たくさんの人の、笑顔に出会える。

外国人や海外に関わる仕事をしたい方

国内の日本語学校では、さまざまな国の生徒が学んでいます。
海外での仕事や外国人と交流する分野に関心がある方に、日本語教師はぴったり!世界各国の方たちと関わることで、グローバルな多様性を受け入れたコミュニケーション力も身につきます。

やりがいがある仕事に就きたい方

実際の授業では発音や文法、単語や会話、読み書きなどを教えます。また、学習計画を立てたり、授業の準備も任されたりと、生徒の成長に深く関わるやりがいのあるお仕事です。
生徒を通じて異文化と触れ合うことで、日本について再発見し、自分の世界も広がります。

家事や育児の合間に、効率よく働きたい方

パートや非常勤講師として、お子さまが幼稚園や学校に行っている間に効率よく働くことも。家事や子育てと両立しやすいと、女性に人気の仕事です。
専門性が高い仕事なため、ライフステージに応じて働く時間を増やしたり、働き方を変えたりすることも!

すでにボランティアで教えている方

ボランティアなどで日本語を教えていて、活動の場を広げるために日本語教育能力検定試験の合格を目指す方にも、当講座はおすすめです。
試験に出やすい分野に絞り込んだ教材ですから、お仕事や家事・育児でお忙しい方でも、合格に向けてムリなく学習が進められます。

日本の魅力や役立つ知識を伝えたい方

多くの生徒は、日本に興味を持って学んでいます。日本での暮らしに必要な生活習慣やマナー、文化の違いなどを伝えられると、学習者のメリットもより大きく!
社会人としての経験やビジネス習慣に基づく知識のアドバイスも、日本で働きたい方にとって役立ちます。

人の成長に関わる仕事に就きたい方

日本語初心者の生徒が文法や言葉を吸収し、わからなかったことが理解できた時。徐々に日本語が上達するのを目の当たりにした時。ご自身も大きな達成感が得られるはず!
日本語教師は、留学や仕事など、生徒の目標の実現に不可欠な日本語を習得させる大切な役割を担います。

将来に向け、ステップアップしたい方

国内外で日本語を学ぶ方が増える今、日本語教師の活躍の場は拡大中!国内の日本語学校で経験を積んだ後、海外の語学学校や小・中学校、高校、大学などの教育機関で教えるなど、可能性も広がります。

日本語教師のコラム

海外で教える際に大切なこと

みなさんは、どこで日本語を教えていきたいと考えていますか。いつかは海外で教えてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

かつて韓国の一般的な高校では、選択必修科目のひとつとして日本語が教えられていましたが、その他に外国語教育に力を入れた外国語高校という高校がいくつかあり、私はそこで日本語を教えていました。

この経験は私にとって本当に忘れられないものになりました。特に、高校生たちと日本の文化や将来の夢について語り合った日々は今でも色あせることはありません。
その経験から、海外に赴任を考えている人に、ちょっとだけアドバイスします。

まず一つは、その国の言語政策について調べてからいくことです。
何のために日本語を教え、どのような学生を育てたいかということを考える上で、その国で日本語が何のために教えられているのかを理解するのはとても重要です。

そしてもう一つは、現地の言葉を学ぶことです。
学習者の気持ちをよりよく理解するためにも、自分の海外の生活を充実させるためにも、海外に赴任する機会があったら、ぜひその国の言葉を習得してみてください。

  • このコラムは、当講座のテキストより抜粋しています。執筆は、当講座の監修者 三代 純平(みよ じゅんぺい)先生です。

受験資格なし!8ヵ月で合格を目指せます

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

グローバル化が進み、国内外で日本語の習得を目指す方が増える中、日本語教師は日本語教育のスペシャリストとして高ニーズ。日本語を母語としない方の日本語習得をサポートするやりがいある仕事であり、活躍の場は、日本語学校の講師、教育機関、オンラインレッスンなど多岐に渡ります。
日本国内の日本語学校では日本語を使った「直接法」で教えることが多く、外国語会話のスキルや教員免許は不要。日本語が話せる方ならどなたでも目指せます。
ユーキャンの「日本語教師養成講座」では、日本語学校の採用条件となることが多い「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せます。日本語教育の専門家が全面監修し、試験の広い出題範囲から、合格に必要な内容をわかりやすくコンパクトにまとめています。リスニング対策のCDや授業のコツが習得できるDVDもセット。添削や質問など充実のサポートで、初めて学ぶ方も安心です。

TOP