どなたにでもチャンスあり!

受験制限なし!合格を狙いやすい試験です

日本語教育能力検定試験は、年齢・性別・学歴・職歴などの制限はなく、どなたでも受験が可能!外国語のスキルや教員免許も必要ありません。
合格率は毎年20〜25%前後。きちんと準備をすれば初学者でも合格しやすい試験といえます。

試験はマークシートが中心

試験は答えやすいマークシートが中心!一部、記述式の問題や音声問題もありますが、ポイントを押さえて対策をすれば、十分合格点に到達が可能です。
合格ラインは非公開ですが、65~75%の得点が必要といわれています。

的を絞った学習が合格のカギ!

試験は出題範囲が広いという特徴がありますが、満点を取る必要はありません。
ユーキャンのカリキュラムなら、合格に的を絞った効率的な学習が可能。試験に頻出した分野に絞って勉強し、合格への近道を進みましょう!

試験データ
資格認定団体 公益財団法人日本国際教育支援協会
試験名称 日本語教育能力検定試験
受験資格 受験資格の制限はありません。
年齢・性別・学歴・経験・国籍などの制限はなく、どなたでも受験することができます。
試験時期 10月下旬頃(年1回)
試験地 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
試験形態 択一式…試験I~III/記述式…試験IIIにて出題
試験の構成 ●試験I(90分/100点):
原則、出題範囲の分野ごとに、日本語教育の実践につながる「基礎的な知識」の出題。

●試験II(30分/40点):
試験I「基礎的な知識」と試験III「基礎的な問題解決能力」について音声形式で出題。

●試験III(120分/100点):
原則、出題範囲の分野に対する横断的な出題。熟練した日本語教員の現場対応能力に必要な、「基礎的な問題解決能力」について問われます。
受験料 10,800円(税込)(予定)
合格率 【平成30年度】受験者数:6,801名/合格者数:1,937名(合格率28.4%)

よくある質問

海外でも受験できますか?

日本語教育能力検定試験は、海外からは受験できません。日本国内のみとなります

音声問題や記述式が不安です。対策はできますか?

どちらも出題パターンに沿って対策すれば、十分合格点に到達できます。ユーキャンは音声問題(リスニング)も記述式問題も、ツボを押さえた教材をご用意していますので、ご安心ください。
リスニングは、CD教材で出題形式に沿った対策が可能。わかりやすく丁寧な解説で、初めての方でも実践力が身につき、着実に加点が狙えます。
また、記述式の対策では基礎となる知識に加えて、試験で評価される文章の表現方法も学習。自分では把握しづらい文章のクセなども、添削で講師が的確に赤ペン指導しますので、弱点なしの状態で安心して試験本番に臨めます。

受験資格なし!8ヵ月で合格を目指せます

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

グローバル化が進み、国内外で日本語の習得を目指す方が増える中、日本語教師は日本語教育のスペシャリストとして高ニーズ。日本語を母語としない方の日本語習得をサポートするやりがいある仕事であり、活躍の場は、日本語学校の講師、教育機関、オンラインレッスンなど多岐に渡ります。
日本国内の日本語学校では日本語を使った「直接法」で教えることが多く、外国語会話のスキルや教員免許は不要。日本語が話せる方ならどなたでも目指せます。
ユーキャンの「日本語教師養成講座」では、日本語学校の採用条件となることが多い「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せます。日本語教育の専門家が全面監修し、試験の広い出題範囲から、合格に必要な内容をわかりやすくコンパクトにまとめています。リスニング対策のCDや授業のコツが習得できるDVDもセット。添削や質問など充実のサポートで、初めて学ぶ方も安心です。

TOP