技能試験まで安心!ユーキャンで徹底対策

ポイント1:重要な用語や公式を理解しよう

第一種電気工事士は第二種の上級資格に当たるため、試験の出題範囲が広がるのは必至。用語や公式など暗記する内容が大幅に増え、難易度が高くなっています。
重要なポイントを押さえ、内容をしっかりと理解することが大切です。

ユーキャンなら!

重要ポイントを押さえて効率的に学習

ユーキャンでは、過去試験の出題実績を徹底分析。
重要なポイントを押さえた、効率よく学べる教材になっています。
初めての方もムリなく学べるよう、かみ砕いて詳しく解説。重要な用語や公式も一眼でわかり、効果的に学習できます。

ポイント2:技能試験は正確さと丁寧を意識

技能試験は第二種よりも20分長い60分の時間が与えられますが、配線図はより複雑な内容になっています。
制限時間内に施工を完了させるスピードはもちろん、誤った施工をしないよう、正確で丁寧な作業が求められます。

ユーキャンなら!

練習材料付きで技能試験対策も安心

技能試験対策用の練習材料もセットでお届け!実際に手を動かして技能トレーニングできます。
技能課題の添削指導も受けられるので、合格力がさらにアップ! 初めてでも安心して試験本番に臨めます。

ポイント3:過去問題対策が合格のカギ

ポイント3:過去問題対策が合格のカギ

筆記試験は、過去に出題された問題と似たような問題が出る傾向があります。そのため、過去問演習が合格のカギに!
当講座では、試験で出題される重要箇所を中心に作られた問題集をご用意。テキスト学習後の理解度チェックに役立ち、ムリなく試験対策ができます。

ユーキャンなら!

なぜ?をすぐにチェックできる問題集

なぜ?をすぐにチェックできる問題集

同じ間違いを再びしないよう、間違えた理由を知り「理解することまで」を目的とした問題集。 解説ではメインテキストの該当箇所も記載。間違えた問題をテキストですぐに確認でき、スムーズに復習できます。

よくある質問

第二種電気工事士との違いって?

第一種電気工事士は、第二種よりも従事できる工事の範囲がより広がるのが大きな違いです。
第二種の工事内容に加え、最大電力500kW未満の工場・ビルなどの大きな施設の電気工事に従事でき、設計から加工(電気配線など)、管理(定期点検)までを請け負います。

合格の基準を教えて下さい!

第合格の基準として、おおよそ以下のように設定されています。
筆記試験:100点中、60点以上の得点(出題数は50問、各2点)
技能試験:欠陥がないこと

  • 合格基準については各年で変動があります。詳細は試験団体にご確認ください。

安定ニーズの強力国家資格を8ヵ月で!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

第一種電気工事士とは、住宅や店舗など600V 以下で受電する電気設備の工事に加えて、工場やビルなどの最大電力500kW未満の需要設備の工事を行う専門技術者のことです。これらは、有資格者のみが従事できるため、常に高いニーズがあり、安定した収入を期待できるメリットがあります。また、電験三種などの電気主任技術者を目指す技術者が多く受験しており、キャリアアップを考える方におすすめの資格です。
ユーキャンの「第一種電気工事士」講座では、充実した教材でしっかり対策!過去の出題実績に基づいて作られたテキストは、イラストや図解が豊富でわかりやすく、筆記試験の重要ポイントを効率よく学習できます。また、技能試験対策として練習用材料と解説のDVDもセットでお届けします。ゆとりのある期間で学べるので、働きながらでもご自身のペースで合格を目指せます。

TOP