ポイントを押さえて、イメージアップ。

自分に似合うコーディネートの方法って?

自分に似合うコーディネートをするには、自分の特徴や印象をしっかり把握し、魅力的にみせるアイテムを組み合わせることが大切。
実際の例をもとに、コーディネートのポイントをチェックしていきましょう!

佐藤さん(仮名)20代後半 / 女性のケース

【佐藤さんの特徴】
・顔の形……逆三角顔
・体型の特徴……上半身に対して下半身がしっかりしている。肩幅が広く、ウエストが細い。

佐藤さんは顔の形が逆三角形型であることから、全体的にシャープな雰囲気を持っています。しかし、それに対して洋服のテイストが甘すぎる印象です。また、顔の形や体型に合わない箇所が複数あり、自身の魅力を活かしきれていません。

  • このモデルのBefore / After写真は教材には掲載されていません。
ここが気になる!改善点をチェック
【ここが気になる!】

Check1.顔の形にラウンドネック(丸く開いた襟)のネックラインがあっていない。
Check2.ネックレスの存在感がありすぎて、服のテイストにあっていない。
Check3.パフスリーブがしっかりした肩をより強調してしまう。
Check4.体型にプリンセスシルエットのスカートが合っていない。
Check5.スカートの丈が中途半端なため、足が太く見える。
Check6.フラット&足の甲が隠れる靴のため、足が短く見える。

シャープな印象を活かしたコーディネートに!

Beforeで見つけたチェックポイントにもとづき、シャープな印象を引き立てるテイスト、体型・顔の形を活かしたバランスのアイテムにチェンジ。顔まわりや体のラインもスッキリとした印象に。全体的に品の良さもプラスされています。
トップスを変えるだけで、違った雰囲気にアレンジも!

ここを直して印象アップ!改善点は?
【ここが気になる!】

Point1.髪を耳にかけてすっきりした印象に。
Point2.シャープな雰囲気に合わせた服のテイスト。トップスは顔の形にあったVネックラインに。
Point3.しっかりした肩を強調しすぎないライン。
Point4.体型にあったタイトシルエットのスカートに。
Point5.脚が細く見えるスカートの長さ。
Point6.服の色味にあった靴の色。脚長効果のあるハイヒール。

自分のバランスをチェック

ファッショニスタ診断(R)

本格的なレッスンに入る前に、第1回の添削課題である「ファッショニスタ診断(R)」を行います。
あなたの全身コーディネートを写真に撮り、メールで送るだけでOK。(※)
メリハリ度やスッキリ度、顔の形との相性度などのバランスをアプリで診断!自分を知る第一歩として、ぜひご活用ください。

  • 「ファッショニスタ診断(R)」を受けるためには、パソコンまたはスマートフォンから学びオンライン プラスに登録する必要があります(登録無料)。

プロのアドバイスが嬉しい全4回の添削課題

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

パーソナルスタイリスト(R)とは、一般の顧客に対して、ファッション、ヘアメイクなどをトータルでアドバイスするスペシャリストのこと。顔の形や体型、肌や髪の毛の色などを分析した上で、その人に合ったコーディネートを提案します。当講座では、パーソナルスタイリスト(R)の基本スキルとなる、ファッションの知識を習得しながら、自分を分析・客観視し、より魅力的にみせるためのスタイリング術を学びます。ファッションのお悩みをスッキリ解決させるコツも身につく、『自分のセンスアップのための講座』です。
写真・イラストが豊富な2冊のテキストをはじめ、マナーレッスンDVDやファッション用語集といった副教材で楽しく学習を進められます。さらに、プロとして活躍するパーソナルスタイリスト(R)による添削アドバイスが、あなたのスキルアップをサポート。受講生専用インターネットサービス「学びオンライン プラス」にて、全身写真を撮って送るだけの『ファショニスタ診断(R)』では、コーディネートのさまざまなバランスをチェックできます。
当講座を修了すると、一般社団法人パーソナルスタイリスト(R)協会より、『パーソナルスタイリスト®ベーシック』として認定されます!ステップアップとして、パーソナルスタイリスト検定(R)3級試験を受検することも可能です。

  • パーソナルスタイリスト検定(R)3級の受検には別途費用がかかります。

  • パーソナルスタイリスト(R)、パーソナルスタイリスト検定(R)およびファッショニスタ診断(R)は、パーソナルスタイリスト(R)協会の登録商標です。

TOP