月々2,980円×10

(税込み・送料当社負担)

認知症介助士って?

高齢者の4人に1人が認知症、もしくはその予備軍という時代。こうした社会背景のなか、2014年に誕生したのが認知症介助士です。認知症の方と接する際の心構えやコミュニケーションの取り方など、認知症の方への正しい応対方法を身につけることができる資格です。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

認知症介助士講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐお申し込みをして、認知症介助のスペシャリストを目指しましょう!

ユーキャンの特長

ユーキャンの特長

ユーキャンの特長

認知症の基礎知識や予防方法、介助の実践方法まで、オールインワンで身につくカリキュラム!一生役立つ知識が、わずか3ヵ月で身につきます。

合格までのスケジュール

合格までのスケジュール

合格までのスケジュール

学習は基礎知識の習得からスタート!基礎が固まったら、体験談や事例も交えながら、より踏み込んだ実践的な内容を学習します。

教材・テキスト

教材・テキスト

教材・テキスト

丁寧な解説や豊富なイラストで、初学者にもわかりやすいテキスト。ご家庭でも役立つ「認知症予防4点セット」も一緒にお届けします。

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

さまざまな業界で活かせる資格!ご家庭で役立てたい方にもぴったりです。

認知症介助士って?

超高齢化社会を
支える人材

超高齢化社会を支える人材

認知症は
「新たな国民病」

認知症は「新たな国民病」

65歳以上の4人に1人が認知症もしくはその予備軍という時代。認知症は「新たな国民病」とも言われています。認知症患者は将来さらに増加することが予想され、医療・介護関係者だけではなく、多くの人にとって身近な問題となっています。

認知症のタイプに
合わせた応対を

認知症のタイプに合わせた応対を

認知症とは、日常生活に支障をきたす記憶障がい、失語や失行、失認などを生じ、認知能力が低下していく症候群のこと。
一口に認知症と言ってもタイプはさまざまあり、特徴も異なります。タイプに合わせた応対方法を知ることが重要です!

正しい知識と技術で
適切な介助を

正しい知識と技術で適切な介助を

認知症介助士は、認知症の方と接する際の「心構え」や「コミュニケーションの取り方」など、正しい知識・応対方法を身につけた人材。認知症の方を受け入れ、家族や地域との「つなぎ役」になることが求められます。

職場やご家庭で活かせる
一生モノの知識

職場やご家庭で活かせる一生モノの知識

学んだ知識は、病院や介護施設での業務はもちろん、ホテルや駅、デパートなど、多くの人と接する職場でも活用できます。
また、認知症の予防法を知り、実践することで、ご自身やご家族の将来の備えにもつながります。

試験について詳しく!

学習も受験も、
マイペースでOK!

ご自宅で試験が
受けられます。

ご自宅で試験が受けられます。

当講座は、試験実施団体の認定講座です。そのため、添削課題を提出し、最終課題(検定試験)で合格すれば資格取得に!
受講期間内なら在宅で受験できるので、忙しい方にもおすすめです。

80%以上の得点で
合格に!

80%以上の得点で合格に!

最終課題(検定試験)は解答しやすいマークシート方式。80%以上の得点で合格となります!
お好きなタイミングで受けられるので、テキストで学んだ知識をしっかり整理して、じっくり取り組めます。

受講期間中なら
いつでもチャレンジOK

受講期間中ならいつでもチャレンジOK

もし、学習が遅れてしまっても大丈夫。受講期間中であれば、試験はいつでも受験できます!
テキスト学習や添削課題でしっかり知識を定着させ、合格を目指しましょう。

合格者には認定状も!

合格者には認定状も!

合格された方には「認知症介助士認定状」を無料で発行いたします。
学んだことがカタチになるので、喜びも格別!
認知症の正しい知識、介助方法を身につけた証となるので、自信を持って活躍できます。

認知症介助士講座

認知症介助士講座
【お届けする教材】
  • メインテキスト:2冊
  • 副教材:認知症予防アイデア100、認知症予防レシピ30、認知症予防手帳作成ナビ、ポケカロ
  • 添削:1回+最終課題(検定試験)
  • 標準学習期間:3ヵ月

一括払い 29,000

分割払い

2,980円×10

(10ヵ月)

総計:29,800円
(税込み・送料当社負担)
  • 送料は当社が負担致します。
  • こちらの商品は分割払いが可能です。
  • 教材到着後8日以内であればご返品可能です。返送料はお客様負担となります。 詳細はこちら
  • 金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます。
  • 支払い期間と標準学習期間は異なります。
  • 教材の内容・仕様は変更になる場合があります。
  • 「認知症介助士」は、公益財団法人日本ケアフィット共育機構(以下同機構)により認定されます。従って、当講座を受講し、検定試験に合格された際は、お客様のご住所、お名前などの情報が「資格保有者情報」として同協会に提供されます。あらかじめご了承ください。

高齢者の4人に1人が認知症もしくはその予備軍という時代。高齢者の方が偏見や差別意識を持たれることがないよう、おもてなしの心と介助技術を学び、超高齢社会を支えることが認知症介助士の役割です。
認知症への正しい対処法を学ぶことができるので、仕事で認知症患者と接する機会が多い介護の現場で働いている方や、不特定多数の来訪者の応対を行う接客業・サービス業に従事している方などにおすすめです。
ユーキャンの認知症介助士講座は、認知症介助士の認定団体である公益財団法人日本ケアフィット共育機構と提携しています。教材やカリキュラムは機構公認ですので、添削課題を提出し、最終課題(検定試験)で基準点を超えれば、認知症介助士の資格取得となります。
またユーキャンでは、認知症予防に関する副教材も充実しているので、高齢のご家族がいらっしゃる方にもおすすめの講座です。

TOP