特長を知って、料理をもっと楽しく!

牛肉と鶏肉の部位と調理例をご紹介

普段口にしているお肉でも、どこの部分のお肉なのか意外と知られていないもの。部位ごとの特長がわかれば料理がよりおししく、楽しくなります!
牛肉と鶏肉の代表的な部位と、向いている調理例をご紹介します。

牛肉の部位

【ネック】
よく動かすところなので筋が多く、かたい肉質です。赤身が多い部分はひき肉にしたり、スープをとったりするのに利用します。
旨味成分が多いので、じっくり味を引き出す煮込み料理にも向いています。

【ヒレ】
サーロインの内側の直径12~15cm、長さ50~60cm程の塊です。最上級部位として需要が多く、特に和牛のヒレは年末年始には品不足が続きます。
脂肪が少なく、ほかの部位よりもやわらかく風味が上品。ステーキやローストビーフ、カツレツなどにおすすめです。

【サーロイン】
牛の胸椎の後方、リブロースとモモの間の部位です。きめが細かく霜降りの肉質でやわらかく、優れた風味が特徴。
ステーキのほか、しゃぶしゃぶやすき焼きに用いることもあります。

【モモ】
後ろ脚のモモの部位です。ランイチ、シンタマ、ウチモモ、ソトモモの4部位に分かれます。
ソトモモはよく動かすところなので筋肉が締まってややかたく、脂肪が少なく、肉質はきめの粗い赤身が特徴です。

鶏肉の部位

【手羽先】
手羽から手羽元を切り離した残りの部位。コラーゲンと脂肪が多く、濃厚な旨味があります。大根との煮込み料理、揚げ物、蒸し煮、スープなどに用います。

【胸肉】
胸の部位で骨つきもあります。モモ肉より白っぽく、肉質はやわらかくて脂肪が少ないので味は淡泊です。
油との相性が良いので、ロースト、ソテー、フライなどの油を使った料理や、煮込み料理など、広く用いられます。

【ササミ】
両手羽の深いところに1つずつある胸筋の肉で、牛肉や豚肉のヒレに当たります。笹の葉に似た形からササミと呼ばれるようになりました。
脂肪が少なくやわらかいのでソテー、フライ、椀だねに。新鮮なものは湯引きして刺し身でも食べます。

【ボンジリ】
尾の部位ですが、中央に見える出っ張りの皮脂腺は臭みが強いので、とり除いてから調理します。
脂がのって、モチモチとした食感が特徴。焼き鳥や揚げ物などに向いています。

食育を「おいしく」学んでおうちで受験!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

食育実践プランナーとは、ご家庭から教育現場、地域など幅広いシーンで、健全な食生活を“実践”することや、そのための知識やノウハウを、子どもからお年寄りまで幅広い方々に伝えていく食育のスペシャリストです。
食への関心、健康への関心が高まっている昨今。今後身に付けたい知識として「健康に配慮した料理の作り方」と答える方は多く、確かな食の知識で健康的な食生活を実践する食育実践プランナーは今後ますます求められる資格です。
ユーキャンの「食育実践プランナー講座」は、当講座の講師である宮川先生が代表を務める一般社団法人日本味育協会の認定資格です。子どもから大人まで役立つ食育の知識と実践力、指導力の証明となる資格です。当講座では食育という広い考え方を、5冊のテキストにギュッとまとめました。人が生まれながらに持つ「おいしい!」という味覚をキーワードに食育を学習します。サブテキスト「食育実践レシピ集100」「目利き便利帳」では、毎日のお買い物や食事作りでの実践もサポート。また、「食育実践アイデアブック」とDVDでは、家庭で食育を実践するための具体的なアイデアや、食育を地域などで広めるための方法も学べます。さらに当講座は添削課題が資格試験になるので、在宅受験が可能です。第1~5回の添削課題を提出し、第6回の添削課題(資格試験)の合格基準点をクリアすれば食育実践プランナー試験合格となります。忙しい方や育児中の方も、自宅で試験を受けられるので安心!

TOP