学科・実地を突破する実力を6ヵ月で!

まずは学習の全体像をチェック

標準学習期間は6ヵ月。まずは教材と同時にお届けするガイドブックと、あなた専用の学習スケジュール表をチェック!
全体像をつかんでからスタートできるので、学習をスムーズに続けられます。

1〜2ヵ月目

土木一般・専門土木の学習から

学科試験は「土木工学等」「施工管理法」「法規」の3科目。まずはテキスト1「土木一般」と、テキスト2「専門土木」を学習します。
テキストではイラストや図を豊富に用いて、基礎の基礎からやさしく解説!合格に必要な知識がムリなく身につきます。

添削課題は全部で9回。テキスト1を終えたら第1回目に、テキスト2を終えたら第2回目に取り組みましょう。
問題を解くことでテキスト学習の理解度をチェック!提出いただいた課題には、解法のコツなど講師からのアドバイスを添えてお返しします。
ご自分の苦手もわかるので、弱点補強に役立ちます。

困ったときは気軽に質問!

学習内容に関して、わからないことが出てきたらメールや郵送でお気軽にご質問ください。講師陣がわかりやすく、丁寧にお答えします。
疑問点がそのままにならないので、つまづく心配がありません。

3〜4ヵ月目

法規や施工管理を学びます

テキスト3は「法規・共通工学」、テキスト4は「施工管理」です。テキストの区切りのタイミングで、添削の第3〜5回にも随時チャレンジしましょう。
テキストは過去10年分の試験を研究し、試験に出やすいポイントを凝縮。「どの部分を重点的に学習すればいいのか」が明確なので、忙しい方も効率よく学習できます。

仕事などで忙しい方がムリなく合格を目指すコツは、スキマ時間を上手に使うこと。
受講生専用のインターネットサービス「学びオンライン プラス」では、ミニテスト、学習ポイントや学習方法などを説明した動画をご用意。スマホやパソコンから、手軽に学習できます。

調べものや知識の整理に便利な1冊

頼れる副教材が学習をサポート!「直前まとめキーワード250語」は、重要用語が1冊にまとまった便利なアイテム。過去問題の分析データから特に重要なキーワードをピックアップ。一問一答形式で確認できます。

5ヵ月目

学科試験対策の仕上げ!総復習&模擬試験

学科の学習を一通り終えたら、1ヵ月かけて総復習を。本番試験と同レベルの第6回添削課題に取り組み、本番試験のシミュレーションも行います。理解が曖昧なところはテキストを読み返し、理解を深めておきましょう。

試験には、過去問題と類似した問題が出題されることも。出題形式に慣れておくことが大切です。「本試験問題集」を繰り返し解き、解答のコツをつかみましょう!
副教材の「直前まとめ問題180問」は、出題頻度の高い問題を180問掲載。試験直前の対策にもぴったりです。

6ヵ月目

テキストと添削課題で実地試験対策

テキスト5は「実地試験」。実地試験は「学科記述」と「経験記述」の2種類が出題されます。
総復習と実地試験対策をする5〜6ヵ月目で、添削課題の第7〜9回目にも取り組みましょう。

ご自分のこれまでの経験を文章にする経験記述は「この書き方でいいのかな…?」など、不安になることも多いもの。
ユーキャンでは、経験記述対策の添削課題もご用意!試験を熟知した講師陣が、書き方のコツや改善点をアドバイス。的確なアドバイスで、実践力が磨かれます。

試験本番

学科・実地とも6割の得点でOK!

学科試験は例年7月、実地試験は例年10月に行われ、学科試験の合格者のみが実地試験に進むことができます。
学科・実地試験とも、全体の6割以上の得点が合格の目安です。これまでの学習の成果を十分に発揮して、合格を目指しましょう。

関連法規の改正があった場合、改正後の内容が出題されることも。最新情報の入手は欠かせません。
独学では手間も時間もかかる情報収集は、ユーキャンにお任せ!法改正情報はもちろん、試験日や願書申込み日などの試験情報など、大切な情報は随時お知らせいたします。

目標の実地試験まで指導サポート

標準学習期間は6ヵ月ですが、受講開始から学科試験月までが5ヵ月間に満たない場合はその次の実地試験月まで、添削や質問などすべての指導サービスをご利用いただけます。
ご自分のペースで、ムリなく合格を目指しましょう!

徹底的な効率学習!学科も実地も着実に合格へ

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

土木施工の分野のスペシャリストとして活躍したい方におすすめなのが、ユーキャンの「1級土木施工管理技士」講座。土木施工の責任者となるのに要求されるレベルの高い資格で、現場責任者である「監理技術者」となって、土木工事現場で働く人々をまとめ、工程・安全・品質などの管理を行うことができます。建設に携わるあらゆる分野で重要な役割を果たすことができる資格です。
1級を取得していると工事の受注もしやすくなるため、資格取得者が就職・転職で優遇されるほか、好条件の待遇、昇進や昇給も見込めます。現場の最高責任者として第一線で活躍したい方にとっては、最終目標ともいえる資格。ユーキャンの講座では、丁寧にわかりやすく解説しているので、着実に合格力を身につけることができます。

TOP