1級土木施工管理技士講座
教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座

月々4,980円×14

= 総計:69,720円

(税込み・送料当社負担)

1級土木施工管理技士講座って?

1級土木施工管理技士は、土木建設のエキスパートを証明する国家資格。現場の最高責任者である「監理技術者」として、工程・安全・品質の管理など重要な役割を担います。有資格者は企業から高く評価され、就職や転職、キャリアアップも有利に!

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

1級土木施工管理技士講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、土木施工管理のエキスパートを目指そう!

ユーキャンの特長

ユーキャンの特長

ユーキャンの特長

「働きながら学ぶこと」を想定したカリキュラムと充実のサポートで、学習を強力にバックアップ!第2次検定対策も着実に!

教材・テキスト

教材・テキスト

教材・テキスト

合格に必要な教材は一式セットでお届け!お忙しい方も効率的よく着実に合格圏へ!

合格までのスケジュール

合格までのスケジュール

合格までのスケジュール

テキスト学習と個別の添削指導で合格力アップ!6ヵ月で合格が目指せます。

1級土木施工管理技士とは

名実ともに最高レベル
の「監理技術者」に

名実ともに最高レベルの「監理技術者」に

あらゆる土木建設に
携わる国家資格

あらゆる土木建設に携わる国家資格

河川や道路など、社会生活のさまざまな場面で私たちの暮らしを支える建造物。その建設現場で欠かせないのが、土木施工管理技士です。
なかでも1級土木施工管理技士は、建設に関するあらゆる工程に携わる、現場の責任者として活躍できます。

「監理技術者」として
第一線で活躍

「監理技術者」として第一線で活躍

1級土木施工管理技士は、現場責任者である「監理技術者」になることが可能。土木工事現場で働く人々をまとめ、工程・安全・品質などの管理を行います。
現場の最高責任者として第一線で活躍したい方にとっては、不可欠な資格といえます。

大規模な現場で
不可欠な存在

大規模な現場で不可欠な存在

元請として4,000万円以上を下請させる場合、元請から下請の現場に派遣する技術者(=監理技術者)は、1級の有資格者でなければなりません。1級を持っていれば、最高責任者として現場のすべてを取りしきる、重要な役割を任されます。

工事の受注にも
大きく貢献

工事の受注にも大きく貢献

土木施工管理技士の有資格者が所属する企業には、国から技術評価点が付与され、1級は「5点」となります(2級は「2点」)。
技術評価点数が高いほど会社の格付けも上がり、結果として受注の機会も増加!有資格者は会社にも大きく貢献します。

就職・転職も有利に!
昇進・昇給の可能性も

就職・転職も有利に!昇進・昇給の可能性も

1級土木施工管理技士は、その確かな知識と力量が国から認められた国家資格です。取得することで、就職・転職の際の大きな武器に!好条件の待遇や昇進・昇給も期待できます。

1級土木施工管理技士の試験って?

受検には
実務経験が必要です

受検には実務経験が必要です

受検資格の有無は
事前に必ず確認を。

受検資格の有無は事前に必ず確認を。

受検には土木施工管理に関する実務経験が必要です。学歴や卒業した学科、保有資格、実務内容により必要な実務経験年数は異なります。必ず受検資格の有無を確認のうえ、ご受講ください。

試験ガイドを見る

60%以上の得点が
合格の目安

第1次検定・第2次検定とも60%以上が合格の目安

第1次検定・第2次検定とも、60%以上の得点が合格の目安と言われています。定員制ではないため、基準点以上を取れれば合格に!要点を押さえた学習が合格のカギとなります。

専門的な知識と
経験が問われる試験

専門的な知識と経験が問われる試験

第1次検定は「土木工学等」「施工管理法」「法規」の3科目があり、それぞれ必須問題と選択問題があります。
第2次検定では「施工管理法」について「学科記述」と「経験記述」の2種類が出題されます。

1級土木施工管理技士講座

1級土木施工管理技士
【お届けする教材】
  • メインテキスト:5冊
  • 副教材:よく出る順直前まとめキーワード250語、よく出る順直前まとめ問題180問、添削問題集、本試験問題集(問題編、解答・解説編)、ガイドブック、その他
  • 添削:あり 9回
  • 質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
  • 標準学習期間:6ヵ月(受講開始から第1次検定月までが5ヵ月間に満たない場合は、翌年の第2次検定月まで指導します。)
教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座

一括払い 69,000

分割払い

4,980円×14

(14ヵ月)

総計:69,720円
(税込み・送料当社負担)
  • 送料は当社が負担致します。
  • こちらの商品は分割払いが可能です。
  • お受け取り時の教材に破損や落丁・乱丁などの欠陥があった場合には、送料・返送料当社負担にてお取替えいたします。
    教材がお気に召さない場合や、ご都合でご受講できなくなった場合は、教材到着後8日以内であればご返品いただけます(キャンセル料は不要、返送料のみご負担願います)。 詳細はこちら
    • 法改正や試験に関する情報の変更があった際には、追補にて、写真の教材と併せて学習していただく場合があります。
    • 教材の内容・仕様は変更になる場合があります。
    • 2021年度試験からの制度変更に伴う学習上のフォローは、追加の教材をお送りするかたちで行う予定です。どうぞご安心の上、ご受講をご検討ください。

【試験制度の変更について】

土木施工管理技術検定試験は、2021年度から試験制度が変更されます。
当講座では、試験制度変更に伴う学習上のフォローは、追加の教材をお送りするかたちで行う予定です。どうぞご安心の上、ご受講ください。

●新試験制度の概要
  • 「学科試験」「実地試験」から「第1次検定」「第2次検定」へ名称変更
    試験日程は従来の「学科試験」「実地試験」と同様のため、学習スケジュールに変更はありません。
  • 「技士補」を新設
    第1次検定に合格するだけで、「1級技士補」資格が得られます。
  • 第1次検定合格は無期限有効
    これまでは、学科試験に合格し、実地試験が不合格だった場合、その学科試験が免除されるのは翌年まででした。新制度からは、第1次検定に合格すれば、原則、無期限有効ですので、いつでも第2次検定から挑戦することができます。

  • 2021年4月時点の情報を元に掲載しています。受検申込の際は、「(一財)全国建設研修センター」までお問い合わせの上、最新情報をご確認ください。


土木施工の分野のスペシャリストとして活躍したい方におすすめなのが、ユーキャンの「1級土木施工管理技士」講座。土木施工の責任者となるのに要求されるレベルの高い資格で、現場責任者である「監理技術者」となって、土木工事現場で働く人々をまとめ、工程・安全・品質などの管理を行うことができます。建設に携わるあらゆる分野で重要な役割を果たすことができる資格です。
1級を取得していると工事の受注もしやすくなるため、資格取得者が就職・転職で優遇されるほか、好条件の待遇、昇進や昇給も見込めます。現場の最高責任者として第一線で活躍したい方にとっては、最終目標ともいえる資格。ユーキャンの講座では、丁寧にわかりやすく解説しているので、着実に合格力を身につけることができます。

TOP