• 公開日:2021/03/11

土木施工管理技士は土木工事に欠かせない資格で、2級の資格取得により土木工事の現場で活躍できます。この記事では、2級土木施工管理技士試験の受験を控える人に向けて、難易度や合格率、資格取得のメリット、試験の概要、勉強方法などについて解説します。1級土木施工管理技士との難易度の比較も、参考にしてみてください。

土木施工管理技士とは?

ここでは、土木工事の現場管理を務める土木施工管理技士の現状や将来性、2級と1級の違いについて解説します。

土木施工管理技士の現状と将来性

土木施工管理技士は、実務経験を積み検定試験に合格することで取得できる国家資格です。土木工事では、現場責任者の主任技術者や監理技術者の配置が法律で義務付けられています。これらの役割を担っているのが土木施工管理技士です。土木施工管理技士は土木工事の現場だけでなく、地震や台風などの自然災害時にも需要があります。

道路やトンネル、ダムの建設などで復興にも貢献できるやりがいが持てる職業です。しかし、若い世代の資格取得者が少なく、人手不足や後継者の育成などの課題が残されており、土木施工管理技士の需要はますます高まっています。

2級土木施工管理技士と1級土木施工管理技士の違い

国土交通大臣が指定した試験機関が実施する土木施工管理技術検定試験に合格することで、土木施工管理技士の資格を取得できます。検定試験は学科試験と実地試験があり、1級と2級に分けられています。

2級は主任技術者として認められ、一般建設現場での施工計画の作成や安全管理、工程管理などの現場管理を行えます。1級は監理技術者の資格を取得でき、一般建設業や特定建設業で総額4,000万円以上(建築一式の場合6,000万円以上)の下請け契約を行った場合に、土木工事全般を指揮できる職務に就けます。

ただし、誰でも2級土木施工管理技士試験を受験できるわけではありません。検定試験を受けるには受験資格の要件を満たす必要があり、1級は2級よりも受験に必要な実務経験年数が多くなります。

2級土木施工管理技士の難易度は?

ここでは、2級土木施工管理技士の難易度や合格基準について解説します。

2級土木施工管理技士の難易度は低くはないが独学でも合格可能

2級土木施工管理技士の試験は誰でも簡単に合格できるわけではないものの、しっかりと試験対策を行えば独学でも合格する可能性は高いです。特に一次試験の学科では、過去の試験問題と似かよった問題の出題率が高い傾向にあります。土木工事に必要な基礎知識を習得し、過去問を繰り返し解いて勉強することで、合格圏内を目指すことも可能です。

学科試験の出題形式は記述式ではなく四肢択一のマークシート方式のため、解答欄が空欄になる心配がありません。

2級土木施工管理技士の合格基準は正解率60%以上

合格と不合格を線引きする合格基準は、受験者の上位〇%といった「相対基準」ではなく、正解率で合格者が決まる「絶対基準」が採用されています。合格ラインの正解率は学科、実地ともに60%以上です。
常に60%以上の正解率で過去問を解けるようになれば、合格圏内に入ることができます。ただし、試験の実施状況などによって合格基準は変更される可能性もあります。

2級土木施工管理技士と1級土木施工管理技士の難易度を比較

令和元年度の2級と1級の合格率を紹介します。2級土木施工管理技士の合格率は学科が67.1%、実地は39.7%です。一方、1級土木施工管理技士の合格率は学科が54.7%で、実地は45.3%でした。1級土木施工管理技士のほうが学科試験の合格率が低く、2級よりも難易度が高いことがわかります。

また、2級のほうが1級よりも合格率が高い要因として、2級の学科試験は土木・鋼構造物塗装・薬液注入の3つの種別の中から専門により、受験種別を選べることが挙げられます。

2級土木施工管理技士に合格せずに1級土木施工管理技士を受験してもいい?

1級土木施工管理技士の受験資格を満たす人であれば、2級に合格していなくても1級を受験できます。それでも、1級に落ちた場合の保険として2級を受験する人は少なくありません。いきなり1級にチャレンジすることもできますが、2級よりも難易度が高いことは間違いありません。

初学者には、2級を受験して合格したら1級を受ける、というように、段階を追って受験することをおすすめします。まずは、2級の合格を目指してみましょう。

2級土木施工管理技士の合格率は?

ここでは、過去3年間の2級土木施工管理技士の合格率の推移からわかることを解説します。

2級土木施工管理技士学科試験の合格率の推移

種別:土木の学科・実地試験の合格率の推移は以下のとおりです。

年度 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
平成29年度 29,644 21,239 71.6%
平成30年度 19,365 12,274 63.4%
令和元年度 18,825 12,625 67.1%
  • 参考:過去の2級土木施工管理技士試験結果(全国合計)|総合資格学院(https://www.shikaku.co.jp/doboku/info/exam/contents/2k_goukaku.html)

合格率が最も低いのが平成30年度の63.4%で、最も高いのが平成29度年の71.6%です。直近の令和元年度は前年度よりも合格率が高くなっています。また、受験者数の推移を見ると平成29年度が29,644人であるのに対し、令和元年度は18,825人と1万人以上も減少しています。このことからも、2級土木施工管理技士の担い手不足が読み取れます。

2級土木施工管理技士実地試験の合格率の推移

実地試験の合格率の推移は以下のとおりです。

年度 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
平成29年度 34,365 11,782 34.3%
平成30年度 33,399 11,698 35.0%
令和元年度 31,729 12,611 39.7%
  • 参考:過去の2級土木施工管理技士試験結果(全国合計)|総合資格学院(https://www.shikaku.co.jp/doboku/info/exam/contents/2k_goukaku.html)

学科試験の合格率が60%以上なのに対し、実地試験は35%前後と、合格率の低さが読み取れます。実地試験は記述方式で難易度が高く、より深く専門知識が問われることが要因のひとつに挙げられます。

2級土木施工管理技士を取得するメリット

2級土木施工管理技士を取得するメリットについて解説します。

2級土木施工管理技士を取得するメリット①:建設業許可取得に必要な技術者になれる

2級土木施工管理技士資格を取得するメリットは、受験資格にある実務経験と、土木技術に関する基礎知識がある証しになることです。さらに国家資格のため、社外での信頼も得やすいです。また、建設業許可を得るうえで土木施工管理技士は欠かせない存在です。そのため、土木施工管理技士の資格があると企業からも重宝されます。

2級土木施工管理技士を取得するメリット②:資格手当や給料アップが見込める

土木工事の管理責任を果たす重要なポストのため、作業員として働くよりも資格手当や給料のアップが期待できます。土木施工管理技士は全国の土木現場で活躍できる需要の高い資格であることから、昇進の可能性も大きいです。また、2級土木施工管理技士の資格は、転職を希望する場合にも有利に働きます。

2級土木施工管理技士試験の概要

2級土木施工管理技士試験の受験に備え、知っておくべき試験の概要について解説します。

2級土木施工管理技士試験の受験資格

2級土木施工管理技士試験の受験には大きく三つの方法があります。

受験する分野 受験資格
学科のみ受験 学科試験が実施される年度中における年齢が17歳以上の人
学科・実地両方受験する 受験要綱などにある「学科・実地試験受験者」の学歴や実務経験年数の条件を満たす人
実地試験のみ受験する 同じ年度の2級土木施工管理技術検定において学科試験を受験した人(学科試験のみ受験者を除く)
学科試験の免除を受けた人

実地試験の受験資格を満たす人について、さらに詳しく説明します。


同じ年度の2級土木施工管理技術検定において学科試験を受験した人(学科試験のみ受験者を除く)

学科試験のみ受験者とは、以下に該当する人です。

1 令和元年度2級土木施工管理技術検定 学科・実地試験の学科試験合格者
2 平成28年度以降の学科試験のみ合格者で、(表-1)の2級土木施工管理技術検定 学科・実地試験の受検資格を有する者
3 技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門、上下水道部門、農業部門(選択科目を農業農村工学(農業土木)とするものに限る)、森林部門(選択科目を森林土木とするものに限る)、水産部門(選択科目を水産土木とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設部門若しくは上下水道部門に係るもの、「農業農村工学」(農業土木)、「森林土木」又は「水産土木」とするものに限る)に合格した者で2級土木施工管理技術検定 学科・実地試験の受検資格を有する者
4 学校教育法による大学を卒業した者で在学中に施工技術検定規則(以下「規則」という)第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後1年以内に平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格(在学中の合格も含む。以下同じ。)し、卒業した後4年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で土木施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者
5 学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業した者で在学中に規則第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後2年以内に平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格し、卒業した後5年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で土木施工管理に関し2年以上の実務経験を有する者
6 学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業した者で、平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による大学を卒業(短期大学又は高等専門学校在学中及び大学在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、短期大学又は高等専門学校を卒業した後6年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で土木施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者
7 学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で在学中に規則第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後3年以内に平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格し、卒業した後6年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で土木施工管理に関し3年以上の実務経験を有する者
8 学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業(高等学校又は中等教育学校在学中及び短期大学又は高等専門学校在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、高等学校又は中等教育学校を卒業した後7年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で土木施工管理に関し2年以上の実務経験を有する者
9 学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、平成27年度までの2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による大学を卒業(高等学校又は中等教育学校在学中及び大学在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、高等学校又は中等教育学校を卒業した後8年以内に行われる連続する2回の2級土木施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で土木施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者

学科試験の免除を受けた人

後者の学科試験の免除を受けた人に該当する場合、さらに9つの区分に分けられているため、 自分がどれに該当するのか事前に確認しておきましょう。すでに学科試験に合格している受験者は学科試験が免除され、実地試験が受けられます。ちなみに、2021年度の検定試験から新たに、学科試験の合格者に与えられる「技士補」という資格制度が創設されます。

  • 引用・参考:2級土木施工管理技術検定試験(http://www.jctc.jp/exam/doboku-2)

2級土木施工管理技士試験のスケジュール・試験地・受験手数料

2級土木施工管理技士試験の願書申込から合格発表までのスケジュールや受験手数料は、以下のとおりです。

  • 願書申込受付期間:前期・学科試験のみ(3月上旬~中旬頃まで)、後期(7月上旬~下旬頃まで)
  • 試験日:前期・学科試験のみ(6月上旬頃)、後期(10月下旬頃)
  • 合格発表:前期・学科試験のみ(7月上旬頃)、後期・学科試験のみ(翌年1月中旬頃)、後期(翌年2月上旬頃)
  • 受験手数料:学科・実地試験 は8,200円、学科試験のみ 4,100円、実地試験のみ 4,100円

試験地は前期と後期、種別によって異なりますので詳しくは下記のURLより確認してください。

  • 参考:2級土木施工管理技術検定試験(http://www.jctc.jp/exam/doboku-2)

2級土木施工管理技士試験の出題範囲

学科試験は四肢択一のマークシート方式で行われ、実地試験では記述式の筆記試験が採用されています。学科・実地試験はそれぞれ3つの種別ごとに出題範囲が設定されています。種別ごとの学科・実地の試験科目について紹介します。

  • 土木:学科(①土木工学等②施工管理法③法規)、実地(施工管理法)
  • 鋼構造物塗装:学科(①土木工学等②鋼構造物塗装施工管理法③法規)、実地(鋼構造物塗装施工管理法)
  • 薬液注入:学科(①土木工学等②薬液注入施工管理法③法規)、実地(薬液注入施工管理法)

2級土木施工管理技士の勉強方法

独学・講習会と通信講座を利用する2つの勉強方法を解説します。

2級土木施工管理技士の勉強方法①:独学・講習会

独学の場合、過去問題集とテキストを1冊ずつ購入し、最初から最後まで目を通すことから始めます。複数の過去問題集で勉強する方法もありますが、1冊の過去問題集の問題を繰り返し解いたほうが理解を深めやすいです。その上で、1日に何ページ進めるとか、月末までにこの科目の正解率を〇%まで上げるなどのスケジュールや目標を設定しておくと、効率良く勉強できます。

より理解を深めたい場合は、動画教材や講習会などを活用することもおすすめです。比較的お金をかけずに勉強できることが魅力ですが、デメリットを挙げるとすれば、試験日までのスケジュール管理からペース配分まですべてにおいて自己管理が必要なことです。

2級土木施工管理技士の勉強方法②:通信講座

ユーキャンの「2級土木施工管理技士合格指導講座」をはじめとする通信講座を利用して勉強する方法もあります。この場合、スケジュールに沿って効率良く勉強を進められるため、合格ラインを目指せます。通信講座は、働きながら試験勉強をしたい人や、通学タイプの講座に参加する時間を確保できない人におすすめです。

課題の添削サービスがある通信講座を選べば、間違えた問題へのコメントやアドバイスをもとに弱点を克服することも可能です。独学と違って受講費用が必要ですが、通学タイプの講座と比べれば学費を安くおさえられます。

まとめ

土木施工管理技士の需要は高く、資格を取得すれば収入アップも期待できるうえに、転職にも有利に働きます。1級のほうが難易度は高いため、初学者は2級から受験することをおすすめします。

ユーキャンの2級土木施工管理技士合格指導講座なら、最短6カ月で資格取得を目指せます。カリキュラムも充実しており、添削指導で弱点の強化も可能です。必要な教材一式がお手頃な学費でそろうため、ぜひご活用ください。

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

土木施工管理技士(2級)講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

効率学習が叶うテキスト!6ヵ月で合格へ

土木施工管理技士とは、土木関係の分野で大変重要視される資格の一つで、昇給・昇進に直結しやすい資格として知られています。2級の有資格者は、河川、港湾、道路、鉄道、上下水道工事など、土木工事を伴う公共工事の現場で、作業工程の責任者として活躍することが可能です。
土木施工の分野で深い技能を習得したい方におすすめなのが、ユーキャンの「2級 土木施工管理技士」講座。講座では、難しい土木関係の専門用語や計算式などをわかりやすく解説。初めての方でも、一からムリなく専門知識を深めていくことができるはずです。また、将来的には管理技術者として活躍できる1級の資格を目指す方にも必ず役に立つ知識が集約されているので、土木施工の見識を深めたい方や、幅広い知識を習得したい方にぴったりの内容です。

TOP