建物の空気調節を管理する専門家

多彩な場で活かせる有力国家資格

ビルやマンション、病院や学校など、冷暖房を使用している建物の空気調節を管理するボイラー技士。今や建物のほとんどが冷暖房を完備している中で、有資格者は日本全国でニーズが途切れない有力な国家資格です。

即戦力として評価!昇進・昇給、就職・転職にも有利!

ボイラー設備は資格がなければ扱えません。「ボイラー技士」「ビル管理」「空調」などの求人は多く、有資格者は求められています。即戦力として評価され、就職・転職の際の強い武器に!昇進・昇給や資格手当も期待できます。

CHECK!

二級ならどんなボイラーでも扱える!

「二級」の資格を取るだけで、どんな種類のボイラーでも扱えます。技術は全国共通なので、引越しなどがあっても安心!さまざまな場所で活躍できる、まさに“ツブシが効く資格”なのです。

手に職!定年後の再就職対策にも人気!

ボイラー技士は、生涯役に立つ終身資格!一度資格を取ってしまえば、書き替えの必要はありません。
また、ボイラー技士の仕事は管理点検のような軽作業が中心で、肉体的な負担が少ないのも魅力。中高年の求人も多数みられ、定年後対策としても人気です。

資格を取得して正社員に。資格の価値を感じる毎日です!
(50代・男性)

設備に異常が見つかった場合、自分たちで何とかやれるのか、業者を呼んで対応しなくてはならないのか、資格を取得した今では判断できます。
資格がない人の意見は通らないのが現場の現実でもあるので、そういう点が一変しました。資格保有の意味の大きさ、価値の大きさを感じる毎日です。

よくある質問

受験料はいくらですか?

受験料は6,800円です。改定されることもありますので、最新の情報は試験団体にご確認ください。

受験には資格が必要ですか?

年齢や学歴などの制約はなく、どなたでも受験ができます。ただし、試験合格後、免許を申請する際には所定の実務経験等が必要です。

合格にマトを絞った効率よく学べるカリキュラム

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

ボイラー技士は、ビルやマンション、病院や学校など、建物の空調管理を担う専門家。ボイラーは資格がなければ扱えないため、有資格者は空調設備のある建物管理に必須の存在!二級ボイラー技士の資格の取得によって、冷暖房を使用している建物の空気調節を管理することができます。建築業や建物管理関連会社で役立つ、実践的な資格の一つとしておすすめです。即戦力として活躍できるので、就職・転職やキャリアアップに有利! ボイラーに関する業務は軽作業中心で、中高年の求人も多数。定年後対策としても人気の資格です。
ユーキャンの「二級ボイラー技士」講座なら、ボイラーの知識が全くない方でも大丈夫。わかりやすさを追求したテキストで基礎からしっかり学べるので、初心者の方も安心して取り組めます。また、試験に出やすいポイントに的を絞った効率的なカリキュラムなので、仕事で忙しい方にもおすすめです。働きながら、短期間で無理なく合格力が養えます。

TOP