予備知識ゼロからでも4ヵ月で合格へ

専用スケジュールをお届け

あなた専用の学習スケジュールを自動作成し、教材と一緒にお届けします。このスケジュールを参考に、ムリなく学習を続けていきましょう。
遅れてしまってもリカバリースケジュールが立てられるので安心です。

STEP1

まずは高齢者への理解を深めます

メインテキストは2冊のみ。まずは准サービス介助士の基本理念や考え方、心構えといった内容から学びます。
さらに「高齢者にはどのような身体の変化があるか」「認知症の方にはどういった接し方が望まれるのか」など、身近な実例に沿って学習。高齢者への理解を深めていきます。

テキスト学習と並行して、各レッスンに対応した「チェック&ドリル」もご活用ください。
○×方式の問題と、試験と同じ択一方式の問題を掲載!テキスト学習のインプットと問題演習によるアウトプットを繰り返すことで、知識がいっそう深まります。

疑問点はスマホですっきり解決!

疑問点をそのまま放置していると、学習が続かない原因にも…。
学習に関してわからないことがあれば、メールや郵送でお気軽にご質問ください。
知識豊富な講師や指導スタッフが、丁寧にお答えいたします。

STEP2

障害がある方への介助方法を学習

次のステップでは、障害のある方とのコミュニケーションについて学習。車いす使用者、聴覚・視覚障害者など、「障害」に関する基本的な考え方を学び、具体的な介助方法を身につけます。
さらに、ユニバーサルデザインや補助犬など、障害のある方の自立を助ける各支援や接遇、関連法規なども学習します。

介助のイメージをより具体的につかめるよう、学習DVDをご用意しました。シーンに応じた介助の一連の流れを目で見て確認。実践力がいっそう磨かれます。

Webテストや講義動画で理解度アップ

学びオンライン プラスを活用すれば、お手持ちのスマホやパソコンから、より便利に、楽しく合格が目指せます。
手軽にさっと取り組めるWebテストは100問以上をご用意。テキスト学習のおさらいにぴったりです。
テキストの重要ポイントをさらに詳しく解説した講義動画は、1本あたり数分程度。スキマ時間を使って、効率よく知識を深められます。

STEP3

添削課題で学習の仕上げを

テキスト2冊を終えたら、添削課題にチャレンジ。検定試験に備えて総復習を行います。
この段階で、苦手なところや理解が曖昧なところを洗い出しておくことが大切。提出いただいた課題には、詳しい解答とアドバイスを添えてお返しするので、弱点克服に役立ちます。

コンパクトサイズで持ち運びにも便利なポイント集「ひと目でわかる介助のポイント」。現場で介助する際に役立つ情報を凝縮しました。
学習中の知識アップにはもちろん、受講修了後にも重宝する1冊です。

STEP4

自宅で検定試験!60%の得点でOK

ご自宅で准サービス介助士試験を受けられるのはユーキャンだけ!お好きなタイミングで受験でき、わざわざ試験会場に足を運ぶ必要はありません。
答えやすい択一のマークシート方式も嬉しいポイント。全体の60%の得点で合格となります。

当講座の標準学習期間は4ヵ月ですが、受講開始から12ヵ月はすべての指導サービスをご利用いただけます。忙しい方もご自分のペースで学習を続けられるので安心です。

合格後には認定状をお届け

試験合格後、資格取得にあたり、登録や申請などの手続きは一切不要です。ユーキャンより、資格取得の正式な証明となる認定状をお送りします。
資格は正しい知識と技能を持つ証に!実生活でも、大いにお役立ていただけます。

ニーズは上昇中!有意義な資格です

「介助」は、どなたにとっても身近なこと。生きている限り、誰もが平等に高齢者になります。
准サービス介助士は「誰もが暮らしやすい社会」に貢献する存在。超高齢社会の今、ニーズはますます高まっています。

正しい介助の知識とスキルを4ヵ月で!

TOP