在宅受験OK!講座修了で資格に認定

お好きなタイミングで受験が可能

当講座は、サービス介助士検定の認定団体である公益財団法人日本ケアフィット共育機構と提携。
教材やカリキュラムは機構公認ですので、添削課題(1回)と検定試験(1回)を提出し合格すれば、准サービス介助士取得となります。
受講開始から1年以内なら、お好きなタイミングでの在宅受験が可能!検定料もかかりません。

受験資格は不要!60%の得点で合格

准サービス介助士の試験は、年齢・性別・学歴などの制限は一切なく、どなたでもチャレンジいただけます。
試験は解きやすいマークシート方式。全体の60%の正解が合格ラインとなります。初めて学習する方も、合格を狙いやすい試験です!

試験データ
資格名称 准サービス介助士
認定団体 受講期間内ならいつでも受けることができます。
受験形態 ご自宅で受験できます。添削課題と検定試験に合格すると、公益財団法人日本ケアフィット共育機構から資格が認定されます。
受験内容 マークシート方式 添削課題 100問/検定試験 50問
合格基準 60点以上
認定団体からのメッセージ
公益財団法人日本ケアフィット共育機構 事務局長 高木友子さん

今後ますますニーズが増えるでしょう。

高齢社会を支えていくにあたり、介助知識と技術を身につけたサービス介助士は、11万人以上(2014年10月現在)の取得者がおり、これからますます増えると予想されます。
少しずつですが資格取得者への求人も増えてきていますので、認定団体としてその橋渡しのために努力しています。より多くの方が介助の知識を学ぶことは、誰もが暮らしやすい共生社会に向けてきっとプラスの力になります。
学んで損することはありませんから、ぜひお気軽にチャレンジしてください。

公益財団法人日本ケアフィット共育機構 事務局長 高木友子さん

忙しい方でも大丈夫!4ヵ月の短期速習

お好きな場所・時間で学べる、ユーキャンの准サービス介助士講座。資格の認定団体公認のオリジナルテキストに加え、学習サポートも充実!仕事や家事で忙しい方でも、4ヵ月でムリなく学べます。

正しい介助の知識とスキルを4ヵ月で!

TOP