どなたでも受験可能!挑戦しやすい試験です

当講座は人気の3級に対応

日商PC検定試験には、1~3級とBasicの4レベルが設けられています。当講座は受験者数がダントツに多い、人気の3級に対応。3級は企業実務に必要とされる基本的なIT・ネットワークの知識スキルを持ち、ご自分の業務に利活用できるレベルです。(上司の指示に基づき、業務にあたる担当者レベルです)

3つの試験分野があります

3級の試験は「文書作成」「データ活用」「プレゼン資料作成」の3分野に分かれており、それぞれ独立した試験として実施。合格証も別々に発行されます。
当講座は”「文書作成」と「データ活用」の2分野”に対応!3ヵ月でダブル合格が狙えます。

試験は「知識科目」と「実技科目」に分けて実施

2分野とも、試験は「知識科目」と「実技科目」に分けて実施されます。
知識科目は、1問ごとに3つの選択肢から解答を選ぶ、択一式で30問の試験。実技科目は、文書作成やデータ活用の技能レベルを判定します。
当講座では、知識と実技、両方の試験対策が可能です!

受験制限なし!70%の正解で合格に

日商PC検定3級は、学歴や年齢、性別などの制限がなく、どなたでもチャレンジできます。
また、「文書作成」と「データ活用」どちらの分野も70%以上の得点が合格の目安。満点を狙う必要はなく、挑戦しやすい資格です。

試験日程・詳細データ
受験資格 特にありません。年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます。
試験方法 受験申込みをした試験場のパソコンを使用して受験する、ネット試験です。試験終了後、即時に採点・合否判定を行います。
試験会場 各地商工会議所およびPCスクールや教育機関、職業訓練校など、全国2,000以上の試験会場で受験可能です。
試験日時 各試験会場によって異なりますが、随時実施している会場が多くあります。
試験内容 【試験科目】
試験は「知識科目」と「実技科目」に分けて行われます。
・知識科目…1問ごとに3つの選択肢から選ぶ、択一式30問
・実技科目…文書作成やデータ処理のスキルレベルを問うもの

【試験時間】
・知識科目…15分間
・実技科目…30分間

【出題内容】
1.企業実務に必要とされるハード・ソフトなどIT関連の知識
2.企業実務におけるパソコンなどIT機器、ネットワークの利活用について
3.ネット社会における新たなビジネススタイル、ビジネススキル
4.ビジネス文書や業務データについて、その作成のみならず、保存、管理、検索、活用、流通、再利用などライフサイクル全般について
5.ITを利活用した実践的なコミュニケーション能力
6.ネットワーク上での、ビジネス文書、業務データの取扱いについて
受験料 5,240円 (税込)
詳細情報 詳しくは、日本商工会議所の検定ホームページをご覧ください。

実務で即役立つスキルを3ヵ月で!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

日商PC検定とは、単なるパソコンの操作能力を計るだけの検定ではなく、ビジネスマナーや、実際にパソコンを使って仕事をこなす能力も問われる検定です。資格取得によって、基本ITスキルの証明や即戦力としての評価アップにつながる、就職・転職の際のアピール材料になるなどのメリットが考えられます。また、比較的短期間で学習可能な点や、全国の会場でネット受験ができるといった点も当検定の特徴です。
ユーキャンの「日商PC検定3級」講座では、日商の協力を得て開発された教材を使用し、着実に合格力を養成! コンピュータに対してあまり自信のない人でも、基礎的なことからスムーズに学習できます。

TOP