一問一答
TOP

一問一答にチャレンジ!

2017.09.13
民法 動産物権変動

Aが駅前の駐輪場に停めておいた自転車をBが盗み、Bがこの自転車を善意無過失のCに売却して引き渡した場合、Aは、Cに対してこの自転車の返還を求めることはできない。

判定

回 答

  • 正しい答え:
  • 即時取得が成立する場合であっても、その目的物が盗品または遺失物であるときは、被害者または遺失者は、盗難または遺失の時から2年間、占有者に対してその物の回復を請求することができます(民法193条)。
    Cは、自転車を盗難したBから、取引行為により、善意無過失でAの自転車を譲り受けたのであるから、その自転車を即時取得します(民法192条)。ただし、Aは、盗難の時から2年間は、Cに対して自転車の返還を請求することができます(民法193条)。