一問一答
TOP

一問一答にチャレンジ!

2017.08.30
民法 時効

不動産賃借権は、20年間その権利を行使しないと時効により消滅するが、地上権は、20年間その権利を行使しなくても、時効消滅することはない。

判定

回 答

  • 正しい答え:
  • 債権は、10年間行使しないときは、消滅します(民法167条2項)。債権または所有権以外の財産権は、20年間行使しないときは、消滅します(民法167条2項)。
    不動産賃借権は債権であるから、10年間の権利不行使により消滅します。また、地上権は物権であり、「債権または所有権以外の財産権」に当たるため、20年間その権利を行使しないと、時効により消滅します。