一問一答
TOP

一問一答にチャレンジ!

2017.08.23
行政法 行政強制

行政庁は、国税債権を滞納している者から、訴訟手続を経ることなく、強制的に滞納分を徴収することができる。

判定

回 答

  • 正しい答え:
  • 強制徴収とは、国民が国または地方公共団体に対して負う公法上の金銭給付義務を履行しない場合に、行政庁が自ら強制的に徴収する作用をいいます。
    国税債権については、国税徴収法が徴収手続を定めています。国税徴収法による滞納処分は、「滞納者に対する特則」→「財産の差押え」→「換価処分」→「配当」の手続によって行われます。