一問一答
TOP

一問一答にチャレンジ!

2017.08.16
民法 代理

AからA所有の不動産を売却する代理権を与えられたBが、Aの許諾を得てCを復代理人に選任した場合、Bの代理権は消滅する。

判定

回 答

  • 正しい答え:
  • 代理人は復代理人を選任しても、代理権を失わず、ともに本人を代理します。
    代理人Bが、復代理人Cを選任しても、代理人Bの代理権は消滅しません。また、復代理人Cは、代理人の代理人ではなく、本人の代理人であり、本人Aのために代理行為をします。