一問一答
TOP

一問一答にチャレンジ!

2017.07.26
民法 賃貸借①

AがBに対して居住用の建物を賃貸していたところ、Bが雨漏りを防止するために屋根の修繕をした場合、Bは、Aに対し直ちにその修繕費用の償還を請求することができる。

判定

回 答

  • 正しい答え:
  • 賃借人は、賃借物について賃貸人の負担に属する必要費を支出したときは、賃貸人に対し、直ちにその償還を請求することができます(民法608条1項)。
    賃貸借の目的物についての修繕義務は、原則として賃貸人が負うとされているから(民法606条1項)、賃借人が賃借物の修繕をし、その費用を支出したときは、賃貸人に対し、直ちに償還請求をすることができます。もっとも、賃借人が修繕義務を負うとの特約は有効であり、その特約をしたときは、当然償還請求をすることはできません。