一問一答
TOP

一問一答にチャレンジ!

2017.06.21
行政法 国家賠償法

Aは、車を運転して山あいの国道を走行中、折からの豪雨で地盤が緩んでいたため斜面からの落石が発生し、その直撃を受けて死亡した。この場合、道路管理にあたっていた公務員に損害発生についての過失がなければ、国は、国家賠償法に基づく損害賠償責任を負わない。

判定

回 答

  • 正しい答え:
  • 国家賠償法2条1項に規定する公の営造物の「設置または管理の瑕疵」とは、その営造物が「通常有すべき安全性を欠く」ことを意味し、損害の発生に関して設置者・管理者の過失は不要です(最判昭45.8.20)。
    国家賠償法2条1項の損害賠償責任は無過失責任です。たとえば、本問において、落石の注意をうながす標識を立てたとしても、現実に損害が発生した以上、不可抗力に基づく場合を除いて、国家賠償責任が生じます。