正しい知識で電気工事を行うスペシャリスト

日常生活に不可欠な専門技術者

住宅や店舗など600V以下で受電する設備の新築・増改築時に、配線図通りに屋内配線を行い、コンセントの設置やアース施工などを行うのが、電気工事士の仕事です。
これら電気工事の作業は法律で基準が定められており、有資格者でないと行うことができません。

活躍の場は多彩!高待遇も期待できる

有資格者のニーズが高いのも魅力です。電気の総合的な知識をもつ電気工事士は、電気工事店だけでなく、建設、工務店などからも広く求人があります。また、システムや機械の保守、メンテナンス、家電販売店やメーカー営業などの仕事で高く評価されることも。
専門技能のある人材として、活用の場は広く、安定した収入が期待できます。

人気の高い国家資格。就職・転職にも有利

第二種電気工事士は、国家資格。履歴書で堂々とアピールできる資格であるため、就職・転職活動でも有利です。
一般家庭の電気工事は日本全国でおこなわれるので、地元就職やUターン就職もしやすいのも特長です。

一国一城の主として、独立開業の道も。

実務経験を積んで独立・自営目指すことも!年齢を問わず活躍できるので、定年後の対策をお考えの中高年の方にもぴったりです。

資格は生涯有効!どなたでも受験できます

第二種電気工事士試験は大きく門戸が開かれており、年齢・性別・学歴・実務経験の有無などの制限なく、どなたでも受験できます。

check!

他資格と組み合わせ、さらに仕事の幅を広く。

建物の空調管理を担う「ボイラー技士」や、石油など燃焼性の高い危険物を大量に取り扱う「危険物取扱者」の資格と合わせれば、仕事の幅はさらに広がります。ビルのメンテナンスや工場の設備保全業務をすることも。

安定待遇が期待できる注目の国家資格!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

第二種電気工事士とは、住宅や店舗など600V以下で受電する設備の新築・増改築時に、配線図どおりに屋内配線、コンセントの設置、アース施工などを行う専門技術者のことです。これらの作業で不備があると、感電や火災など、事故の原因となる危険があるため、有資格者でないと作業ができません。そのため、ニーズが高く、好待遇で働ける、安定した収入を期待できるといったメリットが考えられます。履歴書に堂々と書ける国家資格で、就職・転職も有利!
ユーキャンの「第二種電気工事士」講座では、筆記試験から技能試験までしっかり対策! イラストや写真が豊富なテキストで筆記試験の重要ポイントを習得できます。また、技能試験対策のための練習用材料と映像でポイントをつかむDVD教材をセットでお届けします。さらに、五十音順の「用語集」、テキストに出てきた順番で収録した「公式集」、数学が苦手な方のための「基礎数学」、以上の3つを一冊にまとめた副教材は復習や直前対策にも便利です。

TOP