デジタルテキストでスマート学習!

スマホやタブレットでいつでもどこでも学習!

デジタルテキストには、メインテキスト10冊と問題集4冊を丸ごと収録。テキストを読んだり過去問を解いたり、いつでもどこでも学べる環境が、あなたのお手持ちのスマホやタブレットで実現します。
外出先や移動などのちょっとしたスキマ時間を活用できるので、学習時間を増やして、効率的に合格力アップを!

お仕事や家事で、毎日お忙しい方に!

デジタルテキストは、お仕事や学業、家事などで時間が限られる方の学習効率のアップを強力にサポートします。 通勤・通学の時間やお昼休みを利用して、テキストで知識を吸収したり、学んだ内容を復習したり。家事の合間に問題集を解いて、理解度のチェックや知識の定着も。
スマートに、いつでもどこでもささっと勉強したい方にも。

よくある質問

デジタルテキストの推奨環境や利用上の注意について教えてください。

デジタルテキストの推奨環境とご利用上の注意は次の通りです。

●推奨環境・利用規約
最新の推奨環境はこちらをご確認ください。
利用規約はこちらをご確認ください。

●ご利用上の注意
・ご利用にはインターネット回線の契約が必要です。インターネット接続料金等はお客様のご負担となります。通信量の上限のない、または上限に余裕のある回線でのご利用をお勧めします。
・受講期限内でのみご利用になれます。
・紙で提供されるすべての教材が、デジタルテキストとしても提供されるわけではありません。
・画面のイメージは変更になる場合があります。

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

オプションサービスのご案内

社会保険労務士(社労士)は、労働問題や年金問題、社会保険のエキスパート。社労士試験には、受験資格があります。次の代表的な受験資格(学歴・実務経験・試験合格・過去受験)のいずれかを満たす必要があります。まずは「学歴」です。1)大学、短大、高専(高等専門学校)等を卒業した方、2)4年制大学で、62単位以上を修得した方又は一般教養科目36単位以上かつ専門教育科目等の単位を加えて合計48単位以上を修得した方、3)修業年限が2年以上、かつ、課程修了に必要とされる総授業時間数が1,700時間(62単位)以上の専修学校の専門課程を修了した方などと定められています。次に「実務経験」における主な要件は、「法人の役員または従業員(いずれも常勤)として、通算3年以上事務に従事した方」などです。また、「試験合格」「過去受験」における主な要件として、行政書士試験や厚生労働大臣が認める国家試験の合格者及び直近の過去3回のいずれかの社労士試験の受験票又は成績(結果)通知書を所持している方などにも受験資格が与えられます。

TOP