社労士 攻略レポート お役立ち情報

ユーキャン社労士講座会報
『ASSIST』に掲載しきれなかった
情報やお役立ち情報を
お届けいたします。

労働者災害補償保険法 「暫定任意適用事業の範囲」

労災保険法「暫定任意適用事業」をゴロ合わせ

「林にジョージはなし。未練を述べる。船ゴトン!ナイス特定!」と覚えよう!!

労災保険法では、個人経営の農林水産業については、その一部が暫定任意適用事業とされています。
暫定任意適用事業の範囲は、次のとおりです。

ゴロ合わせイメージ

この要件のうち、「個人経営」、「常時5人未満」は、比較的すんなりと覚えられそうですよね。覚えにくいのはそれ以外の要件です。

林業は「個人経営」で「常時労働者を使用せず」、かつ「年間使用延べ労働者数が300人未満」である事業が、水産業は「個人経営」で「常時5人未満」の労働者を使用する事業であって、「総トン数5トン未満の漁船」又は「内水面・特定水面において主として操業する漁船」が暫定任意適用事業となります。それでは、表の赤字部分を語呂合わせでチェックしますよ。

イメージはこんな感じです。
ジョージの姿を求めて林をさまようけれど、彼はいない。「ジョージはどこに?・・」と未練の言葉を口にする私。「海にいるのかも?」と気づき、船に乗り込み探し続ける私。船がゴトンと音を立てて出航し、目指した先にジョージを見つけた。ナイス!ジョージの姿を特定したわ!

ゴロ合わせイメージ

ゴロ合わせイメージ

ユーキャンの
社会保険労務士(社労士)
講座なら

  • 累計4,000名以上の合格実績

    過去試験の徹底分析によって生まれた効率カリキュラム

  • 総勢150名以上の講師陣

    きめ細かい指導サービスで、合格までしっかりサポートします。

  • 合否のカギ「法改正」にも徹底対応

    講師が常に最新情報を分析。狙われやすい「法改正」が得点源に!

>教材・サポート・費用について詳しくはこちら