社労士 攻略レポート お役立ち情報

ユーキャン社労士講座会報
『ASSIST』に掲載しきれなかった
情報やお役立ち情報を
お届けいたします。

労働基準法 「付加金の対象となる未払金」

労働基準法:付加金の対象となる未払金をゴロ合わせ

「付加金は、9割カネか裁判!」と覚えよう!!

労働基準法の学習でも最後の方に出てくる雑則と罰則。賃金や解雇、年次有給休暇と比べると花がなく(?)地味なために記憶もおぼろげになりがちなのがこのテーマといえます。

そんな中でも今回は「付加金」について、その対象となる未払金4つ(①休業手当、②割増賃金、③解雇予告手当、④年次有給休暇中の賃金)をマルっと語呂合わせでお手軽に覚えてしまいましょう。

①~④の頭文字を順番に読むと「キュウワリカネ」ですね。

ゴロ合わせイメージ

また、付加金の支払いは、労働者の請求により、裁判所が命ずることができる点も盛り込んであります。

それでは、イメージしてください。

大人の世界の揉め事は、大概(約9割)、お金か裁判で解決するものじゃ。」ということで、語呂合わせは・・・

付加金は、9割カネか裁判!」です。赤裸々に現金な語呂合わせでもう付加金なんて怖くない!

ゴロ合わせイメージ

ユーキャンの
社会保険労務士(社労士)
講座なら

  • 累計4,000名以上の合格実績

    過去試験の徹底分析によって生まれた効率カリキュラム

  • 総勢150名以上の講師陣

    きめ細かい指導サービスで、合格までしっかりサポートします。

  • 合否のカギ「法改正」にも徹底対応

    講師が常に最新情報を分析。狙われやすい「法改正」が得点源に!

>教材・サポート・費用について詳しくはこちら