ページ
TOP

スマート攻略ガイド 社労士試験総括 2019年試験への3つのポイントスマート攻略ガイド 社労士試験総括 2019年試験への3つのポイント

2018年試験結果

受験者数
38,427
合格者数
2,413
合格率
6.3%

11月9日(金)に社会保険労務士試験の合格発表がありました。試験の詳細な分析はこちら(PDF:1.81MB)

2018年度試験のまとめ

1選択式は「普通」、択一式は「やや易しい~普通」の難易度
変化球的な問題は少なく、基本が問われる傾向がより鮮明に
2最新の法改正を反映した問題は減少
ただし2年前の法改正を反映した問題は増加傾向に
3過去問の再出題論点からの出題が増加
択一式で93肢、労災・徴収科目からは50%以上が過去問再出題
ユーキャン社会保険労務士講座 
常深 孝英 先生

本年度試験のまとめ、いかがでしたでしょうか。
基本事項の重要さを改めて再確認する試験となりました。 苦難を乗り越え見事合格された方にとっては、これからが本当のスタートです。
社労士の知識を生かし、「行政書士」や「FP」といった関連性のある資格を目指す方も多いでしょう。

一方で今年悔しい思いをした方は、来年こそはきっと今年の努力が結ばれるはずです。
いままで積み重ねてきたものをリセットさせないためにも、一日でも早いスタートが大切になります。
来年試験に向けてのポイントと対策とまとめましたので、ぜひ一緒に頑張りましょう。

2019年度試験に向けた3つのポイント 2019年度試験に向けた3つのポイント

正解しなければいけない問題を、確実に点数を取っていくことがより重要に。そのためには、「基本事項」「法改正」「過去問」の繰り返し学習を徹底!

  • Point 1 基本事項
  • Point 2 法改正
  • Point 3 法改正

ユーキャンの3つのポイント徹底対策!

ユーキャン社会保険労務士講座 
常深 孝英 先生

2019年試験に向けて肝となる「基本事項対策」「法改正対策」「過去問対策」の3点。150名を超える経験豊富な講師陣が過去の試験を徹底的に分析し、毎年ベストなカリキュラムに仕上げています。的中率の高さが、分析力の何よりの証拠。教材に絶対の自信があります!

Point 1 基本事項対策 Point 1 基本事項対策 本試験のカバー率90%超えの基本テキスト!

労基・安衛 的中率:80%、労災 的中率:100%、雇用 的中率:100%、労一 的中率:60%、社一 的中率:100%、健保 的中率:100%、厚年 的中率:100%、国年 的中率:80% 労基・安衛 的中率:80%、労災 的中率:100%、雇用 的中率:100%、労一 的中率:60%、社一 的中率:100%、健保 的中率:100%、厚年 的中率:100%、国年 的中率:80%
※2018年度版の基本テキストにおける選択式問題でのカバー率
ユーキャンのテキストは何よりも基本重視。簡単な内容しか載せていないということではなく、応用も効くよう基本事項の趣旨や仕組みをきちんと理解できる内容になっています。問題の本質についてスムーズに理解いただけます。
拡大する
過去問の分析によって、重要度と試験への頻出度を科目の章レッスン単位で細かく設定。暗記必須の重要語句は赤字と太字で強調しているので、重要ポイントが一目瞭然です。

Point 2 法改正対策 Point 2 法改正対策 300を超える改正情報に対応!

経験豊富な講師陣が適正な情報をだけを収集。2018年教材では計300ヵ所以上の法改正情報の更新を行いました。受講中は、会報誌「ASSIST」やウェブサイト「学びオンラインプラス」にて常に最新情報をお届けいたします。

Point 3 過去問対策 Point 3 過去問対策 過去6年分の試験問題を完全網羅!

過去問は無料で公開されているサイトもありますが、ただ解けばよいわけではありません。大切なことは、曖昧な知識を確実な知識に変えること。ユーキャンなら過去6年分の過去問題を、現行法令に基づいて問題文・解説文を見直しています。

2019年合格に向けたスケジュール 2019年合格に向けたスケジュール

受験経験者は今がはじめどき!

ユーキャン社会保険労務士講座 
常深 孝英 先生
試験直後の学習理解度は高い状態。時間が経ってしまうと、知識の層が小さく、薄く…。早目に学習を開始すると、知識の層が大きく、濃くなっていきます!

2018年試験を受験された方が来年試験で合格するためには、基礎知識が身についている今の状態のまま、「いかに早く翌年の試験勉強のスタートが切れるか」がカギになります。早目に学習を再スタートすることで、知識の層が「濃く」「大きく」なっていき、来年試験の合格がグッと近づきます!

START~5月 インプット期間として、基本項目の再学習でしっかり知識を定着! インプット期間として、基本項目の再学習でしっかり知識を定着!

ベースの基礎知識が頭に残っているうちに、「基本テキスト」を使って再スタートを切りましょう。テキストを繰り返し読むことで、知識の定着幅がどんどん大きくなります。
F・K様(20代・男性)

ユーキャンのテキストは本文の部分と欄外の部分が分かれています。内容を長文で書かれている仕組みではないので、一度本文をちゃんと読んでから欄外を読むと段階的に知識が得られることで頭に入りやすかったです。


テーマ別実戦問題集では、難易度が「普通レベル」かつ「基本事項中心」の問題を出題。基礎知識の定着を経て、その知識を本番で活かせる骨太の実践知識へと変換します。
科目別に提出いただいた答案は迅速・正確に採点し、講評と解説を添えて返送。添削を通じて、自分が今何を学習すべきか、弱点が何かが明確にわかるため、弱点克服に効果的です。
拡大する
H・A様(20代・女性)

添削では、先生が重点的に解説を書いてくれていて、『ここを理解すればもう一つの問題も解けたんじゃないですか』とか赤字のコメントがあって、親身になって側にいてくれたサポートがすごくよかったですね。

6月~7月 合否を左右する試験直前期 ほぼ毎日メールで有益情報をお届け 合否を左右する試験直前期 ほぼ毎日メールで有益情報をお届け

試験の合否を左右する試験直前期には、あなたの頑張りを少しでも応援できればと、講師陣が学習に役立つ情報やアドバイス、試験のヤマ当て情報など、ほぼ毎日メールでお届けします!
試験直前の暗記対策として、最新の数字要件をまとめた「数字要件チェックシート」が重宝。毎年合格者から高い支持を得ています。
拡大する

GOAL〜8月末 いよいよ本番 失敗しないカリキュラムで自信を持って試験へ! いよいよ本番 失敗しないカリキュラムで自信を持って試験へ!

合格者の9.6人に1人がユーキャンの社労士講座を受講しました(2017年度試験)。受講生からもたくさんの喜びの声をいただいております。次はあなたの番です!

合格!

M・I様(30代・女性)
勉強しているときは、すごく落ち込んだり、逆に上がったりということの繰り返しでした。積み重ねれば絶対に力になるというか、振り返ればやって良かったなと思える日が必ず来ます。社労士の資格が必要と思った方は、ぜひユーキャンでチャレンジしてみてください!
B・R様(40代・女性)
ユーキャンは『包容力のある頼もしい受け皿』でした。温かい支援をいただき、本当に感謝しています。ユーキャンで社労士の勉強をしていた時間は宝物のようなものです。自分でもびっくりするくらい、受験生活が楽しかったです。
ユーキャン社会保険労務士講座 
常深 孝英 先生

合格への近道は、とにかく基本を十分に理解すること。必要となる得点率は60~70%なので、難問にチャレンジするよりも、解ける問題を落とさないことが重要です。「基本テキスト」の繰り返し学習が、遠回りのようでもっとも効率よい学習方法と言えるでしょう。合格を目指して一緒に頑張りましょう!

お届けする教材と費用について お届けする教材と費用について

教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座 デジタルテキスト付きコース

一括払い
79,000
分割払い
4,980 ×16回 = 79,680(税込み・送料当社負担)
  • ※金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます。
  • ※支払い期間と標準学習期間は異なります。
お届けする教材
  • メインテキスト10冊
  • 副教材:基本確認ドリル、科目別ガイダンス動画、ガイドブック、過去問攻略集2冊、テーマ別実戦問題集2冊、その他(添削質問関係書類・スケジュール表等)
  • 添削:11回(総合課題添削1回を含む)
  • 標準学習期間:7ヵ月(受講開始から試験月までが標準学習期間に満たない場合は、翌年の9月末まで指導します。)
  • ※「基本確認ドリル」「科目別ガイダンス動画」は、受講生専用インターネットサービス『学びオンライン プラス』よりご提供いたします。
  • ※法改正や試験に関する情報の変更があった際には、追補教材をお送りし、写真の教材と併せて学習していただく場合があります。また、教材のデザイン等は変更になる場合があります。
お支払い・返品について

金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます。なお、支払い期間と標準学習期間は異なりますのでご注意ください。

お支払い方法
お支払い方法には、教材・商品に同封の払込用紙で郵便局・ゆうちょ銀行またはコンビニエンスストアからお支払いいただく方法と、クレジットカードでお支払いいただく方法(インターネットからのお申し込みのみ)がございます。
  • ※講座・商品によっては、いずれかの支払い方法しかご利用いただけないものもあります。
  • ※お申込みの内容やお申込み口数によっては、当社規定により後日お支払い方法の変更をお願いしたり、お申込み自体を受付できない場合がございます。
返品について
教材をご覧になって万一お気に召さなかった場合や、ご受講を取り消される場合、教材到着後8日以内であれば返品できます。その際、返送料のみご負担ください。
学費の20%が支給されます!

この制度を利用すれば、
学費の20%が支給され、
お得に受講が可能です。

  • ※制度の利用には、一定の条件を満たす必要があります。
教育給付金制度使用についての詳細
●教育訓練給付制度(一般教育訓練)とは
一定の条件を満たした方が厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、修了時点までに実際に支払った学費の20%(上限10万円)が支給される制度です。
●利用できる方
▼初めて利用する方
受講開始日(=教材発送日まで)の時点で、雇用保険の被保険者であった期間が通算1年以上の場合、利用できます。
▼以前利用したことがある方
前回の利用から、受講開始日(=教材発送日)に雇用保険の被保険者であった期間が、通算3年以上の場合、利用できます。
ただし、前回の受給時期によっては、受給から一定期間の経過が必要となる場合があります。詳細はハローワークにてご確認ください。
●雇用保険の被保険者とは?
・一般被保険者および高年齢被保険者をいいます。
・主に民間企業に勤務し、雇用保険(失業保険)を支払っている方のことです。
・原則として自営業・公務員・現在1年以上無職の方などは対象になりません。
仕事を辞めてしまっていても、1年以内ならOK! 一般被保険者でなくなった日から1年以内の方も対象となります。
また、一般被保険者でなくなった日から1年以内に妊娠、出産、育児、疾病、負傷等の理由で受講ができなかった場合、その旨を公共職業安定所長へ申し出、許可されれば20年以内の延長もあります。
●利用方法
下記の条件をすべて満たしていれば、国家試験等の受験の有無やその合否に関係なく給付が受けられます。
1.「教育訓練給付制度を利用する」と意思表示をすること
2.身分証明書類を提出すること
3.添削課題を提出期限までにすべて提出し、修了課題が基準点以上であること
  • まずは無料で資料請求まずは無料で資料請求
  • 送料当社負担 お申し込みはこちら お届けから8日間は返品可能送料当社負担 お申し込みはこちら お届けから8日間は返品可能

教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座 デジタルテキストなしコース

一括払い
74,000
分割払い
4,980 ×15回 = 74,700(税込み・送料当社負担)
  • ※金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます。
  • ※支払い期間と標準学習期間は異なります。
お届けする教材
  • メインテキスト10冊
  • 副教材:基本確認ドリル、科目別ガイダンス動画、ガイドブック、過去問攻略集2冊、テーマ別実戦問題集2冊、その他(添削質問関係書類・スケジュール表等)
  • 添削:11回(総合課題添削1回を含む)
  • 標準学習期間:7ヵ月(受講開始から試験月までが標準学習期間に満たない場合は、翌年の9月末まで指導します。)
  • ※「基本確認ドリル」「科目別ガイダンス動画」は、受講生専用インターネットサービス『学びオンライン プラス』よりご提供いたします。
  • ※法改正や試験に関する情報の変更があった際には、追補教材をお送りし、写真の教材と併せて学習していただく場合があります。また、教材のデザイン等は変更になる場合があります。

〜よくあるご質問〜

デジタルテキストとは何ですか?
デジタルテキストは、お手元のスマホやタブレットから当講座のテキストや問題集がご覧いただける機能になります。紙とデジタル両方のテキストを使いこなして学習効率が大幅にアップ。いつでもどこでもささっと勉強したい方にオススメです。
指導サポートはいつまで受けられますか?
当講座の学習期間の目安は7ヵ月ですが、何かの都合で学習が遅れてしまっても大丈夫。受講開始の翌年の9月末まで指導サポートが延長できます。
受講中に法改正が起こったら?
法改正情報をはじめ、有益な情報は会報誌やウェブサイトを通じて、適宜お知らせしますので試験に安心して臨めます。