試験攻略のポイントをご紹介!

STEP1

どの科目からでもOK!学習項目の全体像をつかみます。

この段階のポイントは、スピードです。分からないことがあっても全く心配はありません。
「とりあえず全体像をつかめればよい」という気持ちで、どんどん先に進みましょう。

全体概要と重要項目の理解の手助けには「科目別ガイダンス動画」が有効に。1科目あたり約30分の内容で、テキストに取り組む前に見てこれから学ぶ内容を大まかに理解すれば、その後の学習がよりスムーズに。

STEP2

インプット→アウトプットでしっかり知識を定着!

テキストを一章読み終わったら、メインテキストと連動した「基本確認ドリル」でインプットした内容を早速確認。知識の定着を助けます。○×問題が中心なので、移動中でも学習可能!反復学習がしやすいため、問題演習をこなせばこなすほど、実力アップ間違いなし!

テキストの各レッスンの最後にある「穴うめチェック」に取り組むことで、学習内容の理解度の即時チェックができます。

スキマ時間でWEBテスト

スキマ時間にWEBテストで知識をチェック!
スキマ時間を上手に使って学習することが合格への近道!
受講生専用サイト「学びオンライン プラス」では、復習にぴったりなWEBテストや動画による解説などのコンテンツを掲載。
空いた時間でサッと知識の確認ができます。試験直前の最終チェックにもぴったり!

STEP3

アウトプット中心の、問題演習に取り組みます。

テーマ別実戦問題集では、難易度が「普通レベル」かつ「基本事項中心」の問題を出題。基礎知識の定着と、その知識を活かす実戦力が養われます。

テキスト1冊ごとに「科目別添削」(10回)、総仕上げの「総合課題添削」(1回)で、ご自身では気づきにくい弱点も一目瞭然。合格に必要な「弱点なし」の状態へ、自然に持っていくことができます。

STEP4

直前期の総まとめ

過去6年分の試験問題が掲載された、過去問攻略集をご用意! 実際の試験問題を徹底的に解くことで、確かな実力を養成できます!
「1肢」ごとに正誤判断をして、誤りの根拠を指摘するようにしましょう。指摘した根拠が間違っていたときはテキストに戻り確認することを繰り返して、解答力を身につけます。

【法改正情報は会報「ASSIST」で適宜お知らせ】
社労士に関する法律は、数ある法律の中でも1、2を争うくらい改正が頻繁に行われます。
また改正事項は本試験でも積極的に出題される傾向にあります。
ユーキャンでは、 法改正情報をはじめ、有益な情報を適宜お知らせしますので試験に安心して臨めます。

分からないところは気軽に質問!

わからないことは気軽に質問してください。
学習を進めているときにわからないことがあったら、そのままにせずどんどん質問をすることで理解が深まっていきます。
ユーキャンならメールはもちろん郵送で気軽にご質問いただけます。きちんとわかるまで講師が丁寧にお答えします。

  • 添削課題の返送や質問の回答には、多少お時間をいただきます。
    なお、質問回数に制限を設けさせていただく場合があります。通信料はお客様のご負担となります。
STEP5

社労士試験本番!

全問マークシート方式の8科目の試験は合計4時間50分の長丁場!
解答に時間がかかる問題もあるため、過去問や模擬試験を通じて、解答スピードを上げるのがコツです。

【合格者の約11.1人に1人がユーキャンです。 】
2019年度の社労士試験の合格者は、2,525名。そのうち228名がユーキャンの受講生。たくさんの合格者を送りだしている実績がユーキャンにはあります。
※合格者数は、当講座受講生へのアンケートに回答された方で、実際に合格された方、および合格のお知らせを下さった方の数値です。(2019年11月末現在の速報値)

学習が遅れてしまった…そんなときもご安心ください。

もし何かの都合で学習が遅れてしまっても安心してください。当講座の学習期間の目安は7ヵ月ですが、何かの都合で学習が遅れてしまっても大丈夫。
受講開始の翌年の9月末まで指導サポートが延長できます。

信頼の開講実績、30年以上!

ユーキャンの当講座は30年以上の開講実績があります。毎年、多くの受講生に支持され、たくさんの社労士を送り出してきた安心の講座です。

よくある質問

法律関係の知識がない初学者でもユーキャンだけで合格可能でしょうか?

はい。ユーキャンだけで十分合格可能です!社労士試験は試験範囲が広く、突破のためには要点を押さえた効率的な学習が必要になります。
ユーキャンならポイントをしっかり押さえた教材、添削やオプションコースといった充実の学習サポートがありますので、初めての方でも十分に合格が狙えます!
2019年度社労士試験の全合格者の約11.1人に1人がユーキャン受講生です。たくさんの合格者を送り出している実績がユーキャンにはあります。(2019年11月末現在の速報値)

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

オプションサービスのご案内

社会保険労務士(社労士)は、労働問題や年金問題、社会保険のエキスパート。社労士試験には、受験資格があります。次の代表的な受験資格のいずれかを満たす必要があります。まずは学歴です。1)大学、短大、高専(高等専門学校)を卒業した方、2)4年制大学で、一般教養科目の勉強を終了した方、3)4年制大学で、62単位以上を修得した方、4)修業年限が2年以上、ならびに、課程修了に必要とされる総授業時間数が1,700時間以上の専修学校において専門課程を修了した方と定められています。実務経験における主な要件は、「法人の役員または従業員(いずれも常勤)として、通算3年以上事務に従事した方」です。厚生労働大臣が認める国家試験の合格者にも受験資格が与えられます。

TOP