• 公開日:2020/10/06
  • 更新日:2020/10/06

社労士試験の難易度は?他の資格と難易度を比較して徹底解説!

社会保険労務士(社労士)の資格試験を受けようと考えている方向けに、社労士試験の難易度や試験の概要、勉強方法などについて詳しく紹介しています。

社労士合格に必要な勉強時間は?受験資格・合格のためのポイントも解説

社労士試験に合格するために必要な勉強時間や、勉強の開始時期について解説します。受験資格や合格するためのポイントも紹介します。

社労士試験の合格基準は?試験内容や合格率まで詳しく解説!

社会保険労務士の合格基準、試験内容、合格率について解説します。

社労士の合格率が低い理由は?実際の合格率も含めて徹底解説!

社会保険労務士試験の合格率を解説するとともに、合格率が低い理由や合格を目指すためのポイントを解説します。

社労士が独立開業するには?開業の方法やメリット・デメリットを解説!

独立開業までの流れやメリット・デメリット、見込める収入などについて解説しています。

独学で社労士に合格!おすすめのテキスト・勉強法から必要な勉強時間まで解説

社労士の資格を独学で取得できるのかについて解説します。社労士の将来性や勉強法、おすすめのテキストについても紹介します。

社労士の年収は?難易度や「仕事がない」の実態も解説

社労士の資格取得を考えている人に向け、年収や業務内容などの実態を詳しく解説します。

社労士の仕事内容とは?年収・就職先・試験の難易度まで徹底紹介

社労士の仕事内容や就職先、資格の難易度などについて詳しく解説します。

社労士の就職先とは?未経験でも就職できるポイントを解説!

社労士の資格を生かせる就職先や、求人を探す際のポイントを紹介します。

社労士になるには?資格取得までのステップ、仕事内容をわかりやすく解説

社労士の資格を取得するまでのプロセス、勉強方法、さらに職業の詳細について解説します。

社労士の将来性は?社労士の仕事がなくならない理由を解説

社労士は本当に将来性があるのかどうか、現状や今後の展望をご紹介します。

高卒でも社労士になれる。社労士の受験要件、受験資格を得る方法を徹底解説

社労士の試験の受験資格についてわかりやすく解説します。

社労士は難しい資格?その理由から合格率、勉強のコツまで徹底的に解説!

社労士試験の概要から勉強方法までを網羅的に解説します。

社労士が目指すべきダブルライセンス。メリットやオススメの10選を解説!

ダブルライセンスの意味や社労士に相性のよい資格を紹介していきます。

社労士のリアルな働き方。働き方の違いから平均年収、年収を上げる方法まで

社労士の働き方だけではなく、勤務先や独立について、年収なども含めて詳しく解説しています。

オプションサービスのご案内

社会保険労務士(社労士)は、労働問題や年金問題、社会保険のエキスパート。社労士試験には、受験資格があります。次の代表的な受験資格(学歴・実務経験・試験合格・過去受験)のいずれかを満たす必要があります。まずは「学歴」です。1)大学、短大、高専(高等専門学校)等を卒業した方、2)4年制大学で、62単位以上を修得した方又は一般教養科目36単位以上かつ専門教育科目等の単位を加えて合計48単位以上を修得した方、3)修業年限が2年以上、かつ、課程修了に必要とされる総授業時間数が1,700時間(62単位)以上の専修学校の専門課程を修了した方などと定められています。次に「実務経験」における主な要件は、「法人の役員または従業員(いずれも常勤)として、通算3年以上事務に従事した方」などです。また、「試験合格」「過去受験」における主な要件として、行政書士試験や厚生労働大臣が認める国家試験の合格者及び直近の過去3回のいずれかの社労士試験の受験票又は成績(結果)通知書を所持している方などにも受験資格が与えられます。

TOP