2021/10/17 19:17 更新

宅地建物取引士(宅建士)試験 解答速報

2021年10月17日(日)実施の2021年度(令和3年度)宅地建物取引士試験の解答速報(模範解答例)を試験終了直後、15時15分ごろより順次公開予定です。
また、あなたの解答を入力すると、ユーキャン講師陣が作成した解答とあなたの解答をつきあわせ、自動採点結果を表示する「自動採点サービス」もご利用いただけます(試験当日15時30分~16時頃よりご利用開始予定)。
※16:45全問公開いたしました!


  • この解答速報の模範解答例はユーキャン独自の見解に基づいて作成したものであり、実際の正解とは異なる場合があります。あくまでも自己採点の目安としていただき、最終的な合否の判断はしないでください。また、この速報の内容は事前の予告なく変更する場合があります。



【自動採点サービス受付期間】
10月17日(日)~11月7日(日)23:59入力分まで


  • 解答入力後、自動採点サービスのページ最下段にあるアンケートすべてについても必ずお答えください。
  • メールアドレスの利用について
    ご登録いただいたメールアドレスは、当社からの通信教育講座・通信販売のご案内やその他サービスのご案内、講座・商品等に関するアンケート調査などに使用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

宅地建物取引士(宅建士)試験 速報解説動画

ユーキャン宅地建物取引士(宅建士)講座の講師による速報解説動画を試験当日19時過ぎごろ公開予定です。
※19:17公開いたしました!

宅地建物取引士(宅建士)試験 講評・解説について

ユーキャン宅地建物取引士(宅建士)講座の講師による試験傾向・難易度を解説した速報講評を試験当日16時ごろ公開予定です。
※15:50公開いたしました!

宅地建物取引士(宅建士)試験 合格基準点/合格ラインについて

ユーキャンでは、本ページにて独自の2021年度(令和3年度)試験の合格基準点/合格ライン予想を試験当日19:00頃に公開予定です。
※19:10公開いたしました!

2021年度(令和3年度)10月試験
合格基準点/合格ライン予想
35点±1点

自動採点サービスに入力していただきましたみなさまのデータを元に、得点分布を作成し、合格推定点(予想)を出しました。
本年度の宅建試験は、昨年よりも厳しい結果となりました。まず、権利関係は改正から多くの出題もあり得点しにくい問題が多かったといえます。また、法令上の制限は、都市計画法と建築基準法が特に難問揃いでした。さらに、税・価格では特に所得税の問題は難問です。これに対し、5問免除は例年通りの難易度といえます。最後に、宅建業法も、改正または若干細かい知識からの出題がありさらに個数問題が5問出題されていることから昨年と比べると得点が伸び悩んでいます。以上から、昨年よりも低い「35点±1点」を合格推定点とします。




過去10年分の宅建士試験の合格率と合格基準点/合格ラインは以下の通りです。

年度 受験者数 合格者数 合格率 合格点
令和2年度(12月) 35,261人 4,610人 13.10% 36点
令和2年度(10月) 168,989人 29,728人 17.60% 38点
令和元年度 220,797人 37,481人 17.00% 35点
平成30年度 213,993人 33,360人 15.60% 37点
平成29年度 209,354人 32,644人 15.60% 35点
平成28年度 198,463人 30,589人 15.40% 35点
平成27年度 194,926人 30,028人 15.40% 31点
平成26年度 192,029人 33,670人 17.50% 32点
平成25年度 186,304人 28,470人 15.30% 33点
平成24年度 191,169人 32,000人 16.70% 33点
平成23年度 188,572人 30,391人 16.10% 36点

宅建士試験の合格基準点/合格ラインは毎年変わる

宅建士試験の問題はマークシート方式で出題され、問題数は全部で50問です。採点時は1問1点で計算するので、50点満点の試験ということになります。
宅建士試験では合格ラインが毎年変動します。年度によって合格ラインが変わるのは、合格率をできるだけ一定に保つためです。過去10年間の試験結果を見ると、合格ライン点が最も低かったのは平成27年度の31点、最も高かったのは令和2年度(10月実施)の38点で、7点の差がありました。以前は70%の正答率、つまり35点を取ることができれば合格に近づくといわれていましたが、過去5年の合格率は35点以上となっており、近年、合格ラインは高くなってきているといえます。

主な講師紹介

朝比奈信之

朝比奈 信之(あさひな のぶゆき)

出身地 東京都
趣味 10年以上続けている散歩と水泳、今年の春から始めたスクワット、読書(この一年は仕事の本も含めると100冊を超えました)
1997年 宅建士試験合格
2009年 ユーキャン宅建士講座で指導開始
2011年 管理業務主任者試験合格
1988年から大手予備校において法律系国家資格用の教材作成に携わる。1997年に宅建士試験合格後は、宅建士講座の企画と教材作成に、2001年以降は不動産鑑定士講座の企画と教材作成(民法・行政法規)にも携わる。両資格の受験指導として、教室講義、収録講義及び企業研修を担当し、講義時間は通算で1万時間を超えている。その後、2009年に、ユーキャン宅建士講座で指導を開始した。宅建士講座及び速習講座等の企画、テキストの執筆及び収録講義を担当している。長年の講師経験に加えて、過去問の徹底解析及び受験生の理解度を数値化することで、より無駄を省いた合格に直結した教材作成に勤しんでいる。
~受験生の皆さまへ~
みなさまは、お仕事、家庭、学校のほかに、宅建士試験に向けて日々努力をしていらっしゃることと思います。「努力は必ず報われる」という力強い言葉がありますが、その一つ上を目指しましょう。「報われるまで努力する」とご自身に誓ってください。そこまで努力したあなたには、結果は必ずついてくるはずです。
青山真也

青山 真也(あおやま しんや)

出身地 東京都
趣味 読書(好きな作家は、伊坂幸太郎、原田マハ、柚木麻子、三浦しをん、重松清)
2001年 宅建士試験合格
2004年 ユーキャン宅建士講座で指導開始
2006年 管理業務主任者試験合格
2002年から大手資格予備校で講師業務を開始。テキストの執筆等の教材制作、教室講義、収録講義及び数多くの企業研修を担当する。ユーキャンでは、テキストの執筆等の教材制作、収録講義を担当。また、長年質問回答業務を統括し、受講生が疑問に思うポイントを熟知。その疑問点を解消するための教材・コンテンツ制作に力を入れる。指導のモットーは「無駄なことはやらせない!!」
~受験生の皆さまへ~
私たち講師陣は、宅建士試験に合格するために皆さんが「やるべきこと」そして「やってはいけないこと」をお伝えしていきます。「やってはいけないこと」をやらず、「やるべきこと」を確実に実行していけば効率的に学習を進めていくことができまず。ぜひ、無駄のない学習をして合格を勝ち取ってください!
高野敦

高野 敦(たかの あつし)

出身地 東京都
趣味 旅、温泉、食道楽、酒、ジョギング
1990年 宅建試験合格
1994年 某資格スクールで講師業務を開始
1994年 行政書士試験合格
2001年 マンション管理士試験および管理業務主任者試験合格
2005年 ユーキャン宅建士講座で指導開始
1994年1月、某資格スクールで始めた宅建講師職が性に合い、公的機関、大学、金融機関、不動産業者、ゼネコンなど約70機関を駆け巡る企業研修の鬼に! 年間約1,000時間の生講義の傍ら、講義収録、テキスト執筆を担当。縁あって、行政書士、マンション管理士、管理業務主任者、旧国家Ⅰ種、ビジネス実務法務検定、旧旅行主任者等も指導。2005年3月よりユーキャンで指導開始。今年で講師生活28年目。
~受験生の皆さまへ~
「偶然の出会いを運命の出会いに!」を胸に、宅建戦士の合格に寄り添ってまいりました。宅建と真正面から向き合ってもがき抜けば、資格だけでなく、知識や経験が、人生にじんわり効いてきます。宅建で変わる人生いろいろ。さあ、一緒に踏み出しましょう!
井上哲二

井上 哲二(いのうえ てつじ)

出身地 広島県
趣味 登山(根っからのインドア派が2011年突然アウトドア派に転向し周囲を驚かせる)
2003年 宅建士試験合格後、某受験予備校で宅建講師業務を開始
2004年 防災士試験合格
2005年 管理業務主任者試験合格
2006年 マンション管理士試験合格
2007年 行政書士試験合格
2007年 ユーキャン宅建士講座で指導開始
2003年より某受験予備校で宅建講師業務を開始。2007年からはユーキャン宅建士講座で指導開始。「見てわかる」を実践するため、PCソフトを用いてテキストに挿入する図解イラストを作成する。合格体験記に「テキストのイラストがわかりやすかった」と書かれていたときが至福の時。
~受験生の皆さまへ~
これまでに経験したことのない新しい楽しみ、喜びを見つけるつもりでチャレンジしてみましょう!

合格後の手続き・流れについて

2021年度(令和3年度)宅地建物取引士試験 合格発表日

2021年度(令和3年度)宅地建物取引士試験の合格発表は以下に予定されています。


●合格発表日 : 2021年12月1日(水)

合格者受験番号一覧が不動産適正取引推進機構のホームページに掲出される予定です。また、合格証書も郵送されます。

宅地建物取引士試験合格後の登録、取引証交付の流れ

宅建士試験に合格するだけでは宅建士の業務を行うことはできません。合格通知を受け取った後に登録し、宅地建物取引士証(宅建士証)の交付を受けることで、正式に宅建士としての資格を取得したことになります。
試験合格後から、登録と取引証交付までの流れは実務経験の年数によって違うため、よく確認しておきましょう。

  • 宅建本試験合格

  • 実務経験
    2年未満

    実務講習の受講
    必要

    実務経験
    2年以上

    実務講習の受講
    不要

  • 宅地建物取引士
    登録

  • 宅地建物取引士証
    交付


●宅建士(宅地建物取引士)の登録に必要な条件とは?

宅建士の登録をするためには、下記3つの要件のいずれかを満たしている必要があります。

  • 宅地建物取引業における2年以上の実務経験
  • 国土交通大臣の登録を受けた、宅地または建物の取引に関する実務の講習を修了した
  • 国や地方公共団体や、これらの出資によって設立された法人で、宅地や建物の取得業務または処分業務に通算で2年以上従事していた

いずれかの要件を満たせば、宅建士としての登録が可能となります


●宅建士の登録実務講習とは?

宅建士試験に合格した方で、実務経験が2年未満の方は、宅建士の登録実務講習を修了しなければ資格登録の要件を満たせません。
宅建士の登録実務講習は、「通信学習」(自宅学習)と、2日間の「スクーリング」(会場で行う演習)によって行われます。通信学習・スクーリング実施後、修了試験を受けて一定水準を満たすことで講習修了となります。


●登録手続きに必要な書類とは?

登録のための要件が満たされたら、登録手続きに必要な書類をそろえます。

  • 記名と押印がある登録申請書
  • 記名と押印がある誓約書
  • 本籍地の市区町村が発行している身分証明書
  • 法務局が発行している、登記されていないことの証明書
  • 申請者本人の住民票
  • 合格証書の原本とコピー
  • 顔写真
  • 実務経験証明書や登録実務講習の修了証などの、登録資格があることを証明する書類 など

必要書類に登録手数料3万7000円を添えて、都道府県知事へ提出します。


  • 合格後の手続き・流れの詳細については、試験実施団体である一般財団法人不動産適正取引推進機構(https://www.retio.or.jp/)までお問い合わせください。ユーキャンでは問い合わせを受け付けておりません。

来年度、宅建士試験合格を目指すなら

過去の宅地建物取引士(宅建士)試験 解答速報

無駄のない効率的な試験対策!ユーキャンの宅建士講座

オプションサービスのご案内

不動産関連の仕事に直結するエキスパート資格である宅建。不動産売買や賃貸の仲介に不可欠な国家資格です。宅建資格取得によって、物件の取引条件や手付け金、登記、不動産に関する条件など重要事項の説明や、重要事項説明書の作成・交付・押印、契約後のトラブル防止となる37条書面の記入・押印など、不動産関連の職種での重要な手続きに携わることができます。
ユーキャンの「宅地建物取引士(宅建士)」講座なら、不動産業界で働く方はもちろん、転職や独立を考える方にぴったり! 基礎テキストは驚くほどスリムな3冊のみで、専門的な法律用語をわかりやすく解説し、忙しい方でも短期間で効率的に合格力が身につきます。

TOP