インテリア特集イメージ

インテリア特集

憧れのお部屋がお金と手間をかけずに実現!
知って得するインテリア知識

『憧れのお部屋がお金と手間をかけずに実現!知って得するインテリアの知識』のイメージ

スッキリ片づいた部屋やセンスのいい部屋は、そこに身を置くだけで居心地のよさを実感でき、気持ちもスッキリ!インテリアのプロのアドバイスをもとに、ちょっとした工夫で部屋を素敵な空間にアレンジするコツを紹介します。

コラム1

1万円でここまで変わる!プロが素敵な部屋づくりのヒントとコツをアドバイス


部屋の模様替えをしたくても、重い腰が上がらない人は多いもの。そこで「お金をかけず、センスよく」をコンセプトに、インテリアのプロ、すはらひろこさんに実践いただきました。

部屋全体の課題は「スッキリなのに、なんだか落ち着かない」

今回うかがったYさん(女性20代都内在住)のお部屋は、余分なモノがなくてスッキリ。

ナチュラルカラーの家具を効率よく配置して、片づいたお部屋の手本のようです。

しかし、両サイドにあるベッドと収納棚がアッサリしていて、なんだか物足りない殺風景な印象を与えています。また、目につくのが赤いテーブルの圧倒的な存在感。全体として落ち着かない印象を与えている原因は、その「アンバランスさ」がもとになっているのです。

そんな「アンバランスさ」を解消しつつ、Yさん「シンプルモダンな北欧スタイルのお部屋にしたい」という希望にそって、お部屋を変身させましょう。

3つのポイントをおさえて、統一感のあるお部屋に!

アンバランスさを生み出している大きな原因は「統一感がない赤いテーブルとベッド周り」、「高さがバラバラの棚」、「置き場所が決まっていないテーブル上」の3つであるとすはらさんは指摘します。この3つを中心に、インテリアを変更しました。

①統一感のない赤いテーブルとベッド周り

アクセントカラーとして加えた赤いテーブルの存在感が強すぎ、ベッド周りの印象がちぐはぐに。ベッド自体のさみしさが一層強調されていました。
白とネイビーのメリハリあるストライプを寝具カバーとして投入し、ベッドサイドにある赤いテーブルと色の対比をつくって漂うさびしさを解消!お互い協調しあえる関係をつくりました。

②高さがバラバラの棚

凸凹が気になったとしても、新たな棚を買い替える必要はありません。貼ったり剥がしたりできる北欧テイストの木のシルエットが描かれたインテリアステッカーを使って、凹凸を即席でカモフラージュ。無難にまとまりがちなインテリアにリズムと遊び感覚が加わり、部屋のムードが一変します。
背の高い棚には板を1段付け加え、フルーツを盛り付ける白い木製ボウルを置くことで、飾り棚としての役割をはっきりとさせました。雑然とした書籍類はソフトボックスに収納して、全体としてスッキリ!

③置き場所の決まっていないテーブル上

テーブル上は携帯電話や郵送物などを適当に置き、気づけば手に負えない状態になりがち。多くの人が悩むポイントでもあります。
散らかりがちな小物をまとめる白いトレイと、紅白模様のランチョンマットをプラスすると気持ちよく整います。白と赤い色のものだけに限定しているため、足し算をしても統一感が乱れるようなことはありません。

メリハリをきかして憧れの北欧空間に!

コーディネート終了後、Yさんからは「インテリアを変えるって、こんなに手軽に取り組めて楽しめるんですね。しかも低予算で。本当に早く帰りたくなる部屋になりました!」という言葉をいただきました。

面倒くさそうに感じてしまいがちな部屋づくりも、コツさえ知っていれば、決めた予算内で簡単に行えるのです。みなさんも実践してみてはいかがでしょうか?

購入リストはこちら

  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・掛け布団カバー&枕カバー ¥1,999
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・デコレーションステッカー ¥1,699
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・サービングボウル ¥899
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・テーブルランプ ¥1,999
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ランチョンマット ¥149
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・トレイ ¥599
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ソフトボックス ¥1,400
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・棚板 ¥1,200
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・合計 ¥9,944
コラム2

すぐ実践できる! タイプ別「理想の部屋づくり」のポイント


プロのアドバイスはいかがでしたでしょうか?引き続き、すはらひろこさんから「こんなお部屋だったらいいのに……」というタイプ別に、使える"学び"と片づけやコーディネートのコツを紹介してもらいましょう。

「シンプルな部屋」を目指すなら、整理収納アドバイザーの"学び"を活かす

シンプルな部屋を目指すなら、片づけの"はじめの一歩"となるコツがあります。子どもがいる方の場合、子ども関係のアイテムから片づけはじめると、部屋がスッキリした印象になります。おもちゃやプリント類などを1ヵ所にまとめて置きましょう。

子どもがいない方やシングルの方は、バッグやアクセサリーといった小物類から片づけはじめるのがベスト。人目につかないところにしまうだけで部屋にスッキリ感が出ます。

整理収納アドバイザー講座はこちら>>

「リラックスできる部屋」を目指すなら、アロマ検定の"学び"を活かす

心身ともにリセットできる癒し空間をつくるには、アロマグッズのパワーを借りるのがおすすめ。

数あるアロマグッズのなかでも、とくに人気が高いのはアロマストーンです。エッセンシャルオイルを数滴垂らすだけで、部屋全体にさりげなく自然な芳香を漂わせることができ、どんな部屋でも馴染みます。

アロマテラピー検定講座はこちら>>

「元気になれる部屋」を目指すなら、園芸の"学び"を活かす

部屋に緑がある不思議と落ち着いたり、パワーがもらえたりするもの。
ただ「育てるほど部屋が広くない」「毎日の水やりが面倒」という声もあるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、エアープランツ。空気中のわずかな水分で育つため、土も水やりも不要の便利な植物です。天井や壁からつるしておくとオシャレ感を出せ、置くスペースにも困りません。ホームセンターや雑貨店で手軽に購入できるのもポイント。

園芸講座はこちら>>
すはらひろこイメージ

すはら ひろこ
一級建築士、インテリアコーディネーター、整理収納アドバイザー。(社)日本インテリアデザイナー協会会員。
テレビ東京系列「TVチャンピオン」で収納女王となり、2003年から収納のプロとして活動を開始。片づけや模様替え企画など、各種メディア出演をはじめ、片づけセミナーの講師として活躍している。

コラム3

ほかにもたくさん!おすすめ資格PICK UP


素敵なお部屋作りに行かせる知識が身につく講座は全部で5講座。かんたん比較ができる一覧表で、あなたにピッタリな講座がきっと見つかる!

インテリア特集 4象限

気になる講座が見つからなかったら、別の特集もチェック!


特集 プライベートな内容から、仕事に直結するものまで、気になるテーマを集めた特集をご紹介しています。 特集一覧を見る >>>