日本書道協会 生涯学習のユーキャン

MENU

雅号命名

 雅号(がごう)とは、書家・文人・画家などが、本名以外につける風雅な名前のことです。今日の習い事等においては、師匠もしくは所属する団体より授与、命名されるのが慣例です。
 書道における雅号は、書家としての称号で、書活動の上では、署名(落款)には本名ではなくこの雅号を用いるのが通例です。
 正会員になると、ご希望によりこの雅号を受けることができます。
雅号を持つことは、書の道を進む第一歩でもあり、「書を頑張ろう」という決意と意欲 の源にもなります。お書きになった作品に、ご自身の雅号を署名してみてください。
作品に品と風格が生まれます。
また、この雅号を刻した「雅号印」を作ることもできます。
この印を捺すことにより正式な作品の完成と見做されます。白と黒の世界に朱が入ることで書作品はひとつの完成形となります。

※雅号命名には、申請時に30,000円(税込)の申請料が必要です。
※正会員は雅号取得が義務付けられているというものではなく、あくまでもご本人の希望により命名されるものです。
※当協会では正会員でない方でも、技能認定の所定の段・級位を取得の方に、雅号命名のご案内を差し上げる場合があります。しかし、正会員の方には、段・級位取得の有無に関わらず、希望者には雅号を授与しております。

TOPへ