日本書道協会 生涯学習のユーキャン

MENU

道具にこだわる

用具へのこだわりを

ペン

 たかがペン。そう思うかもしれませんが、今や、豊富な種類で溢れています。だからこそ、使うペンには、こだわりを持ちたいものです。種類で言えば、万年筆、ボールペン、サインペン、筆ペンなどがあり、中でも日常よく使うボールペンには、形状は、キャップ式・ノック式、インクは、カラーバリエーションだけでなく、性質による油性・水性・ゲルなど、ペン先の太さは、極細〜極太までと、実に数多くあります。
ここでは、そのボールペンについて触れておきましょう。

 ボールペンで、とくにこだわりたいのは、インクとペン先の太さ。 まずは、おもなインクの特徴を知って選びましょう。油性は、粘度が高く滲みにくい良さの反面、改良はされてきてはいるものの、インクが固まりやすいということも。水性は、粘度が低く書き味は滑らかでも、滲みやすさは否めません。そして、ゲルは、油性の滲みにくさと水性の滑らかな書き味という長所を合わせ持ち、染料系インクは発色が鮮やか、顔料系インクは耐水性・耐光性が高いという優れものです。
次に、ペン先の太さ。メーカーによってさまざまありますが、太さの違うものを文字の大きさによって使い分けるとよいでしょう。
ぜひ、ご自身のお気に入りのボールペンを見つけてください。

用紙

 ボールペンは、ペン先のボールが回転することでインクが出る構造になっているので、いわゆる書道半紙のような紙では、ペン先が引っ掛かりやすく、水性インクでは滲んでしまうということがあります。選ぶなら、表面にあまり凸凹のない上質紙が書きやすいでしょう。

下敷

 用紙の下に、塩化ビニール製のソフト下敷を敷くことをおすすめします。ボールペンは、ペン先自体には弾力がないのですが、ソフト下敷を用いることで弾力を作ることができます。このアイテムひとつで、書きごこちが違い、線ものびやかになり、美しさがアップします。

TOPへ