日本書道協会 生涯学習のユーキャン

MENU

よくあるご質問

正会員への入会の案内封書が届きましたが、「正会員」というのは、通信教育とは別のものでしょうか。
はい、別のものです。通信教育は一定期間、自宅で学習し、定められた添削課題を提出していただき、修了となりますが、「正会員」は、通信教育とは別に、書の学習・書技能の研鑽を継続的に続けていくことを希望される方のための組織で正会員事務局が運営しています。
正会員には、だれでもなれるのですか。費用はいくらですか。
どんな内容かはじめに知りたいのですが…。
はい、どなたでもなれます。会費は、1〜12月を年度の区分として、1年間12,000円(税込)です。また、ご入会初年度のみ、入会金3,000円(税込)が必要になります。
なお、ご入会の時期により、1〜3月にご入会の方は当年度の年会費、4〜8月にご入会の方は当年度後半の半年分会費、9月〜12月にご入会の方は次年度分の年会費をご納入いただいております。
段級位認定資格には、どんなものがあるのか教えてください。
毛筆は、「漢字部門」と「かな部門」の2部門があり、それぞれ8級〜1級、初段〜九段まであります。硬筆書道では、「実用ボールペン字」、「筆ペン」で5級〜1級まであり、「硬筆ボールペン字部門」と「臨書部門」の段位認定システムがあります。
実用ボールペン字講座の学習を始めたばかりですが、「5級認定資格」について、取得できますか。また、費用はいくらかかりますか。
級位の認定資格は、「実用ボールペン字」の技能、力量を証明するものですので、いつでも受験できます。講座の学習と並行して、力だめしのつもりで挑戦してみてください。
合格の場合のみ認定の免許料がかかります。5級合格の場合は3,000円(税込)です。
なお、「部門」と「段位・級位」によって認定の免許料は異なります。
例えば「実用ボールペン字部門」は、
5級3,000円、4級4,000円、3級6,000円
2級8,000円、1級10,000円になります。(すべて税込)
正会員になって、書道を学んでいくために必要な道具はどのようなものになりますか、いくらかかりますか。
学習が進む上で必要なものを少しずつ購入すればよいと思います。改めて基本用具を揃える場合、筆、紙(半紙)、墨、硯などまとめて1万円くらいになります。
「正会員」への入会を考えています。会費の支払い方法を教えてください。
入会のお申込みは、電話、郵便、あるいは本サイトからお申込みいただけます。
お申込み受付後に、「正会員バッジ」、「正会員証」、「会員証入れ」、「会報用特製バインダー」、「会報『清心』ご入会記念特別号」とともに「入会金・会費払込用紙」をお送りいたします。会費は、こちらの用紙を使って郵便局にてお支払いください。
過去に他の書団体から段級位の認定を得ている経験者です。
新たに日本書道協会の段級位認定を受ける場合、
実力相応の途中の級から始めることはできますか?
できません。各団体における方針・基準によるものですので、当協会も資格認定は各部門の最下位級から受験していただきます。
「正会員」に入会するのは、いつでもできますか。また、退会もいつでもできますか。
はい、ご入会はいつでもできます。ただし、入会の時期によって会費が変わりますので、お問合せください。退会についても、いつでも可能です(この場合、納入いただいた年会費はお返しできません。)
住所が変わりました。どのように連絡をすればよいですか。
住所変更は、書面にて届けをいただいております。封書、あるいはハガキに、① 旧住所(旧郵便番号)、②新住所(新郵便番号)、③電話番号(これまでご登録のもの)、④新電話番号(変更の場合)、⑤会員番号をお書きの上、ご連絡ください。
中学生・高校生でも入会することはできますか。
20歳以下の方でも、保護者の方の同意があれば入会することができます。

TOPへ