わたしのシゴト

バナー広告の出稿

ウェブの媒体にバナー広告を出稿する仕事です。内容は大きく2つ。媒体の選定と、デザインやコピーなどのクリエイティブを考えること。私の業務は主に前者で、数ある媒体から、もっとも効果が得られそうなものを選び、広告プランを立てます。その際には、媒体を複数組み合わせた方がいいか、絞ったほうがいいかなどさまざまな検証を行い、決められた予算の中で最適なプランを立てています。

イメージ1

コミュニティサイト「集まれ!学びーズ」の運営

通信教育は一人で取り組むものが多く、誰かに共感したりされたりする機会がどうしても少なくなってしまいます。そこで、ユーキャンではお客さま同士が交流できるコミュニティサイト「集まれ!学びーズ」を運営しています。お互いの励ましや共感の投稿が学習意欲向上につながっているだけでなく、時には不安を抱える受講検討中の方へアドバイスなどもあり、これが学習開始を後押しすることも。
そういったお客さま同士の交流が活発になるよう、ユーキャンからもあらたな話題や企画を随時投げかけています。

イメージ2

年始のキャンペーン制作

ユーキャンでは毎年1月、ウェブやCMなどが連動した大型キャンペーンを展開します。私の部でもキャンペーンプロジェクトが発足し、私は入社1年目に参加しました。そこでは、必要なコンテンツやお客さまに興味を持ってもらう仕組み作りなど、ウェブ全体をチームで設計。その時は著名人が講座にチャレンジするという企画で、ブログ形式による学習状況の配信、動画でのコメント提供などのコンテンツを作り、情報を発信しました。

イメージ3

わたしのワクワク

1年目で経験した、CM連動キャンペーンのときのこと。講座に挑戦していただいた著名人の方の合格が発表された瞬間、ユーキャンのサイトへのアクセスが一気に上がった時の興奮は忘れられません。その後も、いろいろなところでこのプロジェクトの記事や話題に触れることがありました。「あの人、合格したんだって! 私も何かやってみようかな」という声も聞くことができ、自分の仕事が人に与える影響力の大きさにワクワクしました。

ユーキャンのココが魅力

若いうちからチャレンジできる環境が整っていることは、とても良い部分ですね。手を挙げれば入社1年目でも大型キャンペーンに関われますし、2年目以降、通常業務でもメイン担当としていくつかの仕事を任されています。また、年次に関係なく良いアイデアがあれば上司がきちんと話を聞いてくれる環境が、私の部署だけでなく、会社全体として整っていることがユーキャンの大きな魅力であり、働きやすさの理由だと思います。

わたしが感じるやりがい

どこの、誰の、何のためにやっているのかわからない仕事って、きっと面白くないですよね? 私たちは、ユーキャンの受講生の合格のために日々活動しています。だから、「集まれ!学びーズ」を通して「合格しました!」というメッセージをもらえた時は、自分の仕事のやりがいを実感します。やっぱり、お客さまの喜びに立ち会う瞬間、「私たちはこのために働いているんだな」と思えて、一番うれしいですね。

新卒生のみなさんへ

就職活動でいろんな業界のいろんな企業を回ることで、新たに自分のやりたいことや「この会社はこんなこともやっているんだ」という発見がきっとあると思います。ユーキャンについても、こんなに一人ひとりが広告制作に携われることを知らなかった人も多いのではないでしょうか? 実際、広告制作がやりたくて入社した人もたくさんいますし、仮に教育業界に興味がなかった人でも、ユーキャンの仕事そのものに魅力を感じてもらえるなら、きっとやりがいを持って働けると思います。

O・M