わたしのシゴト

ダイレクトメール(DM)制作

DMマーケティング部では、一人あたり20ほどの講座を担当していて、それらのDMを自らつくります。ターゲットの選定、コンセプト作り、原稿・ラフデザインの作成、外部デザイナーさんへの依頼も含め、ほぼすべての行程を一人で進めます。たかがDMと思うかもしれません。でも、このDMをきっかけに新しい人生を歩み出す人がいるということに気がついた時、自分の仕事の責任と誇りを感じました。

イメージ1

ターゲット分析

DMマーケティング部では、お客様に新たな講座をおすすめする営業も行っています。その営業で大切なのが、「いつ」「誰に」「どの講座」をご案内するか、ということ。ユーキャンでは顧客情報を年齢や性別、講座の受講履歴や添削課題の提出頻度など、細かくデータ化しています。そこからお客さまの傾向を分析し、講座の特性と組み合わせることで、効果的に講座をご案内します。過去の実績から良かった組み合わせを利用するのか、新たな切り口で新規ターゲットを獲得するのか、自分の考え方次第です。

イメージ2

講座に関する管理・社内調整

お客さまからは、資料請求や受講・商品のお申し込みなどを日々いただいていますので、講座をスムーズに運営する必要があります。講座の内容や教材に変更が出る場合には、私たちの部が各部署への連絡係を担っていますので、そのための書類作成や問い合わせの対応も行います。どんな企画もスムーズに進めるためには、関係者との連携が不可欠。うまくコミュニケーションをとり、仲間とともに新たな企画を進められた時は、その達成感もひとしおです。

わたしのワクワク

何か新しいことを考える時は、常にワクワクしています。いま考えているのは、ユーキャンの「学び」の領域を広げるということ。ユーキャンの講座は資格や検定がメインですが、たとえばスポーツも学びの一つと考えて新しい講座を作ってみるとか。「資格取得」という学びに関わらず、誰かが「成長したい」と思った時に、「とりあえずユーキャンに行けば何かあるはず」と思ってもらえるよう、より幅広い学びを提供していきたいですね。

ユーキャンのココが魅力

私の所属している部門では年1回、社員からアイデアを募集する「アイデア発掘プロジェクト」を行っています。きっといろんな人が「もっとこうしたらいいのに」というアイデアを持っていると思いますが、すべてが表に出てくるわけではありません。そうしたアイデアを、このプロジェクトが引き出してくれるのです。自ら提案するのが苦手な人も、こうした機会を活用することで自分の意見をしっかり伝えることができるのも、ユーキャンの魅力だと思います。

わたしが感じるやりがい

自分のDMの反響が良く、成績を上げた時や自分のアイデアが採用された時はやりがいを感じますね。ただ、入社して間もない頃は目の前の仕事のことしか考えられなかったのですが、徐々にチームのこと、部署のこと、会社のことまで視野が広がってきました。すると、いろんな人の働き方や考え方が見えてきて、新しいアイデアが生まれます。そのアイデアが常に実現するわけではありませんが、実現でき、さらに利益に結びついた時は、大きな達成感や充実感を感じます。

新卒生のみなさんへ

ユーキャンは、一人ひとりの良さをしっかりと伸ばしてくれる会社です。人には得手不得手があり、私の周りにも原稿を書くのは得意だけれど分析は苦手という人や、その逆の人など、いろいろな個性を持った人たちがいます。会社は、そんな個人の長所と短所をきちんと見抜いて、短所を補いながら、長所をどんどん伸ばしてくれます。決して短所ばかりを追及するようなことはありません。だから何も心配することなく、ユーキャンに飛び込んでみてください。

T・T