1. ユーキャン海外受講トップ
  2. 登録販売者講座
お申込みは各代理店へ【受講お申込みはこちら】
教材イメージ
  • 添削回数:7回
    (模擬試験1回を含む)
  • 標準学習期間8ヵ月※受講開始から14ヵ月まで指導します。
教材・テキスト
メインテキスト:4冊
分野別問題集
重要ポイント&チェック2冊
赤シート
210分チャレンジ模試
添削課題関係書類
ガイドブック

※法改正や試験に関する情報の変更があった際には、追補教材をお送りし、写真の教材と併せて学習していただく場合があります。

サポート
ネット指導サービス(メール質問含む)「学びオンライン プラス」

お申込みについて

  • ユーキャンの海外受講は各代理店に委託しています。受講お申込みは、ご希望の代理店をお選びいただき各代理店のWEBサイトで直接お手続きいただきますようお願い致します。
お申込みは各代理店へ【受講お申込み】

海外受講費について

海外受講につきましては、学費のほかに教材等の海外配送費用がかかりますのでご注意ください。詳しくは各代理店のWEBサイトでご確認ください。

試験ガイド

  • 年齢・性別・学歴・国籍に関係なく、どなたでも受験できます。
  • 資格試験の受験につきましては、帰国されてからの受験となりますので、あらかじめご了承ください。
  • 試験の詳細は、受験を予定している各都道府県の担当部門へお問い合わせください。
企業にとって大きな戦力!薬剤師に次ぐ医薬品の専門家として注目の資格です。

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などで一般用医薬品(かぜ薬や鎮痛剤など)の販売ができる医薬品販売専門資格です。薬事法の改正によって2009年に新設された、医療業界で注目されている資格です。
かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品の販売に携わる資格ですが、まだ新設されてから間もなく、取得者が少ない資格です。取得後は、一般用医薬品の大多数を占める第2類・第3類医薬品の販売が可能になるため、業務の幅が広がります。
医療関係の事務職のほか、小売業やドラックストア、薬局などへの就職・転職を考えている方に大人気の資格です。資格手当を設けていたり、時給を高く設定している薬局などもあり、有資格者は昇給・昇任も期待できます!
ユーキャンの「登録販売者」講座なら、専門的な医薬品の知識をわかりやすく解説しているため、お忙しい方もスムーズに学習することが可能です。

人と接することが好きな方にぴったり!
「病院に行く時間がない」「病院に行くほどの症状ではない」…お客様のさまざまな理由や症状に対し、幅広い知識でひとりひとりに合った医薬品をオススメできる!お客様から信頼され、人の役に立つ喜びややりがいのある仕事です。

一度取得すれば生涯有効な専門資格のため、将来の備えとして、ムダにはなりません。
技能・資格のメリット
小売業への就・転職が有利に!
登録販売者は企業にとって大きな戦力!
一般用医薬品を扱う様々な小売業への就・転職に強い武器となります。
資格手当で収入アップ
ドラッグストアや薬局では、資格手当を設けていたり、時給を高く設定しているところも!
全国どこでも職場が見つかりやすい!
薬のスペシャリスト「登録販売者」として、日本全国どこでも働くことが可能です。
お客様から一目置かれる存在に
医薬品について幅広い知識を学べるので、ひとりひとりにあった医薬品が自信を持ってオススメできるようになり、お客様からの信頼アップにも。
講座の特長
ポイントがやさしく分かるテキスト
1日の学習時間は60分程度でOK!レッスンは「学習ポイント」から始まります。何を学ぶか、どこを覚えたらいいかを把握しておくことで、学習効率アップ!
理解が深まりやすく、復習のときも「ここが大切だった!」と再確認でき、効率的に学習が進みます。
そのレッスンで学んだポイントは各レッスンの終わりに収録される「CHECK TEST」で手軽に復習。
本番に強くなるカリキュラムで、忙しくても、知識がなくても、ムリなく効率的に合格力が身につきます!
「何を学ぶか」&「重要度」を最初に把握!大きな文字で読みやすい!関連箇所はLINKで把握!
得点力アップに!
「分野別問題集」「210分チャレンジ模試」
過去によく出題された問題を分析し、分野別に編集した「分野別問題集」と時間感覚を養うことを目的とした「210分チャレンジ模試」で得点力アップ!
いつでもどこでも開ける!
「重要ポイント&チェック」
頻出箇所・重要事項をまとめたハンディタイプの問題集。通勤の電車内やお昼休みなど、ちょっとしたスキマ時間に学習できます。文字を隠して暗記できるシートつき!

登録販売者は比較的取りやすい資格!

答えやすい択一式!
解答は全て選択制の択一式。論述問題や実技試験はありません。
正答率7割以上で合格!
合格ラインは各科目都道府県が定める基準以上、全体で7割以上。上から何名という定員制ではありませんから受験者数に関係なく合格を狙えます!

【TOPIC】薬剤師と登録販売者の違いは?

大きな違いは2つ 1)処方箋に基づく薬の調剤ができるかできないか
2)第1類医薬品が販売できるかできないか
チェーンのドラッグストアや薬局などでは、薬剤師不足によりお客様に十分な情報が行き渡りにくい、という実態がありました。
しかし、一般用医薬品のうち、登録販売者が販売できる第2類・第3類医薬品の割合はなんと9割以上! 登録販売者は今後、薬剤師不足を補う人材として、期待が寄せられています。

クイズ感覚で気軽にできるWebテストや、ポイントを凝縮した動画解説が見られるインターネットサービスもご用意。ご質問もメールでお気軽に!受講生限定の学習支援Webサービス「学びオンラインプラス」 ユーキャンの海外受講サービスについて詳しくはこちら
ユーキャンの海外受講サービス