ユーキャンの介護予防健康アドバイザー講座

講座修了がそのまま資格取得に―自分や家族のためにも活かせます。

現在、日本が迎えている超高齢社会。国民の3人に1人が高齢者となり、介護医療従事者や介護施設の不足などが発生するといわれている2025年問題や、高齢者が高齢者の介護を行わなければならない老老介護問題など、社会の高齢化が引き起こす問題は深刻です。
そこで現在、健康寿命を延ばし、要介護期間を短くする「介護予防」が推奨されています。介護予防には、心身機能の改善だけでなく、社会参加への意識や日常生活の自立度を高め、生活の質(QOL)を高めるという目的もあります。介護施設従事者にとどまらず、ご家族・ご自身がいつまでもいきいきと過ごす為に、介護予防の知識を求める方も増えています。

介護予防健康アドバイザーとは、中高齢者が安全に運動し、健康的な暮らしを維持できるようサポートする存在です。中高齢者の身体機能や、主な運動器疾患、安全管理などの知識をふまえ、無理なく効果的な運動ができるようにアドバイスします。
また、肩こりや腰痛など、不調の原因ごとに予防・改善につながるエクササイズプログラムを紹介。DVD教材にこれらのエクササイズを収録していますので、実際に動きを見ながら学ぶことができます。

また、ユーキャンの介護予防健康アドバイザー講座は、NESTA JAPANが全面監修。 トレーナー育成のプロの持つ運動指導のノウハウを存分に詰め込んでおり、実際に中高齢の方に運動指導する際のポイントや注意点なども学ぶことができます。教材やカリキュラムは資格認定団体公認ですので、添削課題を提出し、修了課題(資格試験)で基準点を上回れば、そのまま資格取得となります。
介護予防の知識習得も、エクササイズの実践方法の習得も、資格取得までも自宅でできる、通信講座ならではの強みを持つのも、この講座の特長です。

※当講座で取り扱う運動プログラムは、健康維持・増進を目的としたものですが、絶対的な効果を保証するものではありません。現時点で身体に疾患があるなど、健康状態に不安のある方は、必ず事前に医師の方と相談した上で、ご自身で受講の可否を判断してください。
万一の事故、ケガ、体調の悪化等が生じた場合でも、当社や本教材の出演者及び制作スタッフは、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

介護予防健康アドバイザーとは

高齢化は今も進行中
日本が直面している超高齢社会。2025年には、国民の3人に1人が高齢者となると試算されています。
要介護者数の増加を少しでも抑えていくために、介護を「予防」することの重要性が唱えられています。
介護予防に運動はかかせません

要介護となる原因のひとつである、「運動器疾患」。骨や筋肉、関節などの総称である運動器は、運動しなければどんどん衰えますが、運動すれば何歳の方でも鍛えられます。
適度に体を動かすことで、健康な身体を維持することができます。

要介護となる原因にはどんなものがあるの?
介護が必要となった原因で、1番多いと発表されたのは脳卒中で、全体の約19%です。次に認知症(約16%)、高齢による衰弱(約13%)と続きます。しかし、運動器に関する障がいは、合計すれば全体のうち約25%と多くの割合を占めています。適切な運動による健康維持、けがの予防は、介護予防においてとても重要です。
中高齢者の健康を支える存在!
運動は大事でも、ムリをしてしまったら体に毒。しかし、自己判断は難しい。
介護予防健康アドバイザーは、中高齢者の身体の特徴や運動前後の安全管理などの知識からアドバイスし、中高齢者が安全に運動できるようサポートする存在です。
実践的な運動指導も

実際に介護予防や健康維持に役立つエクササイズも学ぶことができます。
どの部分を意識するかはもちろん、指導する際に注意すべきポイントなども学べます。介護や福祉の現場で、運動指導者として活躍できる存在に。

こんな方におすすめ

介護・福祉業界で働いている方

運動を取り入れる施設が増加する中、「ケガをさせないか心配…」「間違った指導をしていないかな?」と、不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
当講座では、運動の効果や安全上の注意点などを学習します。たしかな知識のもと、自信を持って運動指導を行えるようになります。

中高齢の方のご家族

ご家族にはいつまでも、健康でいてほしいですよね。
しかし高齢になり運動器が弱ってしまうと、自然と体を動かさなくなったり、ムリな運動をしてどこか痛めてしまったり。そのまま要介護状態に…ということも少なくありません。
安全な運動知識を身につけることで、ご家族に運動を促し、サポートできるようになります。ご家族の健康を、ご自身の手で支えましょう。

介護予防を意識し始めた方

健康維持に大切なのは、適度な運動。ですが、加齢とともに筋力は低下していくため、「適度」の判断は難しくなっていきます。
当講座では、必要な部分に狙いを絞ったエクササイズをご紹介。無理なく続けて、健康な体を維持できます。

地域のボランティアに興味がある方

「何かボランティアに参加してみたい」と考えている方も、介護予防運動の知識を身につけてみてはいかがでしょうか。現在の超高齢社会では、介護予防を目的とした地域活動が推進されています。
身につけた知識を、ボランティアという形で活かしてみませんか。

講座の特長

自分のペースで、介護予防運動の知識もスキルも身につけられる!
【1】ポイントがつかみやすいDVD教材付き
テーマ毎に多くのエクササイズを収録したDVD教材。テキストではつかみにくい、動きのテンポ感なども易しく身につけることができます。ゆっくりわかりやすく実演していますが、もしわからない部分があったら、繰り返したり一度止めて、姿勢をしっかり確認することもできます。
【2】指導者育成のプロ、NESTA JAPANが全面監修
シニアフィットネストレーナーなど、中高齢者の快適な暮らしをサポートするための運動指導者も輩出するNESTA JAPAN。
トレーナー育成のプロが監修した教材なので、介護予防の基礎知識に加え、実践的な運動指導に必要な知識やスキルをしっかり身につけることができます。
【3】学習から試験までマイペースに進められる!
介護・福祉系の職に従事している方や、家事や育児をしている方の中には、忙しくてなかなか通学などに時間がとれない方も多いのではないでしょうか。
介護予防健康アドバイザーなら、スキマ時間で効率的に学習を進めて、しかも試験はご自宅で。忙しい方でもとりやすい資格です。
【4】あなたの学習を支える充実のサポート
受講期間中に学習内容でわからないところがあれば、そのままにせずお気軽にご質問ください。指導講師が丁寧にご質問に回答いたします。
添削指導は全2回(別途修了課題1回)。自分ではなかなか気付くことができない弱点もしっかり教えてくれるから、提出の度にあなたの知識はより確かなものに!
運動の知識・スキルがやさしく身につくテキスト
メインテキストはたったの2冊!写真やイラストを豊富に取り入れ、運動内容をイメージする手助けに。介護予防の基礎知識から、実際の運動指導のポイントまで、アドバイザーとして必要な知識・スキルがやさしく身につきます!
テキスト1 知識編
介護予防の基礎知識を学びます。
介護予防に必要となる運動、栄養の基礎知識に加え、アドバイザーとして何が求められるのか、知っておくべき疾患、またリスクマネジメントなどを学びます。
テキスト2 実践編
介護予防に役立つエクササイズを学んでいきます。
イラストや写真を豊富に用いて、どういう効果があるのか、どこを意識して行うのがよいのか、注意すべきポイントはどこか、などをイメージしつつ進めていきます。
学習&運動をサポート!充実の副教材
DVD「予防・改善エクササイズ集」
テキストで紹介されているものを中心に、肩こり、腰痛などの症状に効果的なエクササイズを紹介しています。アドバイスのポイントも同時に学ぶことができます。
早わかり筋肉マップ
エクササイズで大切なのは、身体のどの部分を使っているか、意識して行うこと。このポスターは、主要な筋肉がどこにあるか一目でわかるようになっており、実際に運動を指導する際にどこを意識してエクササイズを行えばいいのかわかりやすく示してくれます。
毎日いきいき運動ポスター
健康を長く維持するには、全身バランスよく、継続して運動していくことが重要です。このポスターには、一週間かけて全身のエクササイズを行うメニューが記されています。見やすいところに貼って、毎日運動する習慣をつけて、健康な体を維持しましょう。
充実のサポート
添削指導で知識を定着!
提出いただいた課題は、詳しい解答・解説とともに返却いたします。全2回の添削指導を通して、あなたの知識の弱点をつぶしていくことができます。
間違った部分をしっかり見直し、正しい知識を定着させて、安全な運動指導を行いましょう。
わからないところは気軽に質問
学習途中でわからないところがでてきたら、メールでいつでも質問可能!疑問点をなくして次に進めるよう、指導講師が丁寧に回答いたします。
※1日あたりの質問回数には制限を設けさせていただいています。
スマホでいつでも動画をチェック!
受講生専用のサポートサイト「学びオンライン プラス」では、教材DVDに収録されているエクササイズが閲覧可能! 人目を気にせず、場所を選ばず、気軽に正しい動き方や運動アドバイスのポイント解説を視聴できます。
手軽に学べるwebテストもご用意しています!
※テキスト2はwebテスト非対応です

教材

  • メインテキスト:2冊
  • DVD(※リージョン2)
  • ポスターツール2点(早わかり筋肉マップ/毎日いきいき運動ポスター)
  • 添削関連書類 その他

※内容・仕様は変更になる場合があります。

サポート

添削回数…3回(修了課題1回を含む)
標準学習期間…3ヵ月
※受講開始から6ヵ月まで指導します。
ネット指導サービス(メール質問含む)「学びオンライン プラス」
海外からのご受講の場合、パソコン、タブレット、スマートフォンのみの対応となります。ご利用環境や条件はこちら

※質問の回答には、多少お時間をいただきます。なお、1日あたりの質問回数には制限を設けさせていただいています。通信料はお客様のご負担となります。

試験ガイド

  • 年齢・性別・学歴・国籍に関係なく、どなたでも受験できます。
  • 受講期間内ならいつでも受けることができます
  • 認定団体…NESTA JAPAN
  • 受験形態…マークシート方式
  • ユーキャンの通信講座の添削課題をすべて提出し、修了課題で基準点を満たすことで合格
  • 修了者には『認定証』を発行し、資格認定となります

介護予防健康アドバイザー講座で取得できる「介護予防健康アドバイザー資格」は、NESTA JAPANにより認定されます。従って、当講座を受講し、資格試験に合格された際は、お客様のご住所・お名前などの情報が同協会を運営する株式会社ネスタジャパンに提供されます。あらかじめご了承ください。

海外受講ご利用案内

  • ユーキャンの海外受講は各代理店に委託しています。受講お申込みは、ご希望の代理店をお選びいただき各代理店のWEBサイトで直接お手続きいただきますようお願い致します。
  • 海外受講につきましては、学費のほかに教材等の海外配送費用がかかりますのでご注意ください。詳しくは各代理店のWEBサイトでご確認ください。