IT系国家資格【情報処理技術者試験対策講座】

日本のIT人材育成に大きな役割を果たしている情報処理技術者試験
1969年(昭和44年)に通商産業省(2001年1月6日から経済産業省)所管の国家試験としてスタートした情報処理技術者試験は、情報化の急速な進展を反映し、多くの企業や教育機関等で幅広く活用されている。2015年度までの47年間に応募者総数は1,847万人を超え、合格者総数も235万人に達し、わが国のIT人材育成に大きな役割を果たしている(出展:IPA「IT人材白書2016」)。
基本情報技術者講座【講座詳細はこちら】

対象者像:高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者。

応用情報技術者講座【講座詳細はこちら】

対象者像:高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者。

プロジェクトマネージャ講座【講座詳細はこちら】

対象者像:高度IT人材として確立した専門分野をもち、システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画を立案し、必要となる要員や資源を確保し、計画した予算、納期、品質の達成について責任をもってプロジェクトを管理・運営する者。

システムアーキテクト講座【講座詳細はこちら】

対象者像:高度IT人材として確立した専門分野をもち、ITストラテジストによる提案を受けて、情報システム又は組込みシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計し、情報システムについては開発を主導する者。

データベーススペシャリスト講座【講座詳細はこちら】

対象者像:高度IT人材として確立した専門分野をもち、データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者。

ネットワークスペシャリスト講座【講座詳細はこちら】

対象者像:高度IT人材として確立した専門分野をもち、ネットワークに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者。

情報セキュリティスペシャリスト講座【講座詳細はこちら】

対象者像:高度IT人材として確立した専門分野をもち、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守において、情報セキュリティポリシに準拠してセキュリティ機能の実現を支援し、又は情報システム基盤を整備し、情報セキュリティ技術の専門家として情報セキュリティ管理を支援する者。