食事は私たちの生活の一部。食事を楽しむということは、“人生を楽しむ”ことといっても過言ではないかもしれません。
ならば正しい知識をつけて、もっと楽しんでみませんか?
この特集では食に関する知識がやさしく身につく講座や、栄養に関する国家資格を目指せる講座レパートリーが増やせる講座などをご紹介。ぜひあなたにピッタリの講座を見つけてください。

暮らしに役立ち、資格も目指せる! 食生活アドバイザー(R)(2・3級)(標準学習期間:4ヵ月)【講座詳細はこちら】

健康な生活を送るための「食生活」提案!資格認定団体の監修による当講座なら、短期間で効率的に合格力が養えます。

毎日の食事をより豊かに 食育実践プランナー(標準学習期間:6ヵ月)【講座詳細はこちら】

ご家庭から教育現場、地域など幅広いシーンで、健全な食生活を“実践”することや、そのための知識やノウハウを、幅広い方々に伝えていく食育のスペシャリスト。

調理のエキスパートとしての証明に 調理師(標準学習期間:6ヵ月)【講座詳細はこちら】

食品の「栄養」や「衛生」、「適切な調理法」などの知識を持ち、安全な料理を作ることができる調理のプロ。

家庭に喜ばれ、ホームパーティでも人気! 家庭料理(標準学習期間:6ヵ月)【講座詳細はこちら】

肉じゃが、ハンバーグ、焼きギョーザ…和洋中、身につくレシピはなんと403点!ダイエットや家族の健康管理にも◎

国が認める栄養管理と指導のプロ! 管理栄養士(標準学習期間:8ヵ月)【講座詳細はこちら】

国が認める栄養管理・指導のプロフェッショナル。高齢化・メタボ対策の保健指導などでニーズ上昇中!

野菜・果物の深遠な世界へ 野菜スペシャリスト(標準学習期間:5ヵ月)【講座詳細はこちら】

野菜や果物の知識を深め身体の中からキレイになりたい方や、ご自身や家族の健康が気になる方におすすめ。ご自宅で受験可能です。

「食生活アドバイザー」「食育実践プランナー」の違い

栄養と健康、食文化、食品学等、学ぶ分野は近いものです。
食生活アドバイザーは主に企業で、食育実践プランナーは主に家庭での実践を目指した学習内容となります。
食生活アドバイザーは、衛生管理や流通の仕組みなども含めた、食に関する業界で必要となる知識を一通り学習します。
食育実践プランナーは家庭内、特に子どものいる家庭内での食事作りなどに活かせる知識を学びます。