ユーキャン大人クラスのサイトです。ページの先頭です。

ユーキャン大人クラスのサイト

送料当社負担・後払いOK・8日以内返品OK

認知症介助士講座

超高齢社会を支える人材に
認知症の正しい対応と予防法が3ヵ月で身につく

認知症介助士講座

認知症介助士とは

日本国民における65歳以上の“4人に1人”が認知症もしくはその予備軍という時代。
ニュースや新聞でも頻繁に取り上げられる認知症は、「新たな国民病」とも言われています。
こうした社会背景のなか、2014年に誕生したのが「認知症介助士」。
認知症介助士なら、認知症の方と接する際の心構えやコミュニケーションの取り方など、認知症の方への正しい対応方法を身につけることができるように。
病院や介護施設での業務はもちろんのこと、ホテルや駅、デパートなど、多くの人と接する職場で活躍することができます。

こんなシーンで役立つ

【介護現場で】同じことを話したり日付を忘れたりすることが増えた。

介護施設で働いているが、70代の利用者の男性が、最近同じことを話したり、日付を忘れたりすることが増えてきた。
はじめは「年だから仕方がないのかな」と考えていたけど、何度も続くので「もしかして認知症では?」と疑っている。でも、どうすればいいんだろう…?

【介護現場で】同じことを話したり日付を忘れたりすることが増えた。

認知症介助士なら

軽度の認知症の場合、日常生活に支障をきたすことはありません。しかし、軽度の認知症の方は、その半数が長期的には認知症になるということが報告されています。

そのため、食生活の改善をしたり、日常的にできる運動や脳トレなどを行うことで、生活習慣病の発症を抑え、脳の老化を抑えるようにしましょう。

【接客業界で】1日に何度も同じ品物を買いに来るお客様がいる。

昔からの常連のお客様が、何度も同じ商品を買いに来る。はじめのうちはその商品が必要なのかと思っていたけれど、今では1日に3度、4度来ることも。

お金もちゃんと支払ってくれるので「お売りできません」と断ることもできず困っている。常連さんなのでご家族の連絡先を知っているが、相談してみた方がいいのだろうか?

【介護現場で】同じことを話したり日付を忘れたりすることが増えた。

認知症介助士なら

まずはご家族に相談をして、極力ご家族の望む対応を行うことがよいでしょう。
また認知症の方はプライドを傷つけられることを嫌う傾向にありますので、冷たくあしらうのではなく、できる限り寄り添ってお話を聞くなどし、気持ちを落ち着けるようにしましょう。

【家庭で】夫がゴミの日を間違えてしまう。

軽度の認知症の夫。最近、お隣の方より「ゴミの日をよく間違えている」と言われた。なるべく私がゴミを出すようにしているが、本人は好意のつもりで私の留守中にゴミを出してしまうこともある。
私自身仕事をしているので家を留守にすることも多く、どうすればいいのか悩んでいる。

【介護現場で】同じことを話したり日付を忘れたりすることが増えた。

認知症介助士なら

認知症の主な症状の一つに、現在の時間や場所などがわからなくなる「見当識障がい」があります。
見当識障がいは、物事の理屈がわからなくなる症状でもあるため、いくら説明しても理解してもらうのは難しいでしょう。そうした時に叱責などをしてしまうと、認知症の方は、なぜ間違っているのか理解できず、注意を受けたことで不安が大きくなってしまいます。

そのため、まずはその状態を受け入れ、寄り添うことが大切です。

  • ページの先頭へ

受講内容・サービス

合格へのステップ~3ヵ月で資格取得へ! 試験はご自宅で受けられます。~

1ヵ月目 認知症の基礎知識をじっくり学びます。

認知症は日常生活に支障をきたす記憶障がいを中心に、失語、失行、失認などが生じ、認知能力が低下していく症候群です。

認知症介助士には、認知症の方を受け入れ、家族や地域との「つなぎ役」になることが求められます。
1ヵ月目では、認知症の種類や症状など、基礎知識について正しく覚えていきましょう。

2ヵ月目 実践的な介助方法が身につきます。

2ヵ月目からは実践的なステップへ。認知症の医学的な観点からの対応と同時に、介助によって少しでも自分らしい生活ができるよう、支援方法を学びます。

街中でよく見られるシチュエーションの事例も掲載。解説やアドバイスをもとに、実践的な介助方法を身につけましょう。

3ヵ月目 いよいよ試験に挑戦。ユーキャンの課題が最終試験!

当講座は試験実施団体認定講座です。最終課題であるマークシート方式の検定試験で、80%以上の問題に正解できれば資格取得となります。
受講期間内ならご自宅で受験できますので、落ち着いてリラックスして試験に臨めます。

試験情報
資格名称 認知症介助士
認定団体 公益財団法人 日本ケアフィット共育機構
試験時期 受講期間内ならいつでも受けることができます。
受験資格 どなたでも受験できます。
試験問題 30問(マークシート方式)
合格基準 1問1点の30点満点。24点以上で合格
  • 詳細な情報は公益財団法人 日本ケアフィット共育機構のホームページでご確認ください。

合格発表 ついに合格!おめでとうございます!

コツコツと勉強を積み重ねてきた日頃の成果が出ました。
日々の生活に3ヵ月の学びで得た知識と資格を活かしましょう!

日本ケアフィット共育機構からのメッセージ

講師

今こそ、認知症について一緒に学びませんか。

公益財団法人 日本ケアフィット共育機構インストラクター
冨樫 正義さん

認知症の最大の発症要因は年齢を重ねることです。つまり、どなたでも認知症になる可能性があるということ。超高齢社会である日本では、認知症の方と接する機会も増えていきます。
認知症について詳しく知ること、また、認知症にならないようにできる範囲で予防と対策を取ることが、この時代を生きる私たちにとって大切な心がけと言えるでしょう。

認知症介助士講座では、日本ケアフィット共育機構の「誰もが暮らしやすい社会を作る」という理念に基づいて作成しています。認知症の方の立場に立った介助をするために必要な基礎知識や具体的な応対方法、そして自らの予防まで分かりやすくお伝えしています。

ぜひ一緒に認知症について学びましょう。皆さんの受講をお待ちしております。

  • ページの先頭へ

認知症介助士講座 教材・テキスト紹介

認知症予防に役立つ副教材4点がセットに!

「認知症の予防に取り組みたいけれど、何をすればいいの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。
当講座では予防アイデア集や予防レシピ集など、認知症予防に役立つ副教材を4点ご用意。一生モノの知識とスグに実践できる予防方法が手軽に習得できます。

認知症介助士講座 その他のサービス

  • 1.質問には丁寧に回答します。

    学習中わからないことが出てきたら、お気軽にご質問ください。受講期間中であれば、講師、指導スタッフが丁寧にお答えいたします。

    • 質問の回答には、多少お時間をいただきます。なお、1日あたりの質問回数には制限を設けさせていただいています。通信料はお客様のご負担となります。
  • 2.最長で6ヵ月間しっかりサポート

    本講座の標準学習期間は3ヵ月ですが、学習開始から6ヵ月間は添削や質問など、全ての指導サポートが受けられます。

  • 3.「Webテスト」で楽しくレッスン!

    スマートフォンやパソコンから当講座のミニテストが受けられます。より便利に、楽しく合格を目指します。

  • 4.合格者には認定証も!

    合格された方にはユーキャンから「認知症介助士認定状」を無料で発行いたします。

  • ページの先頭へ

費用・教材一覧について

お届けする教材一覧

お届けする教材一覧
メインテキスト:2冊
  • 添削:1回+最終課題(検定試験)
  • 標準学習期間:3ヵ月(サポート期間:受講開始から6ヵ月まで指導します。)
副教材
認知症予防アイデア100、認知症予防レシピ30、
認知症予防手帳作成ナビ、ポケットカロリー
  • 教材の内容・仕様は変更になる場合があります。

認知症介助士講座 費用

一括払い

29,000
(税込み・送料当社負担)

分割払い

2,980円 ×10(10ヵ月) 総計:29,800
(税込み・送料当社負担)

  • 金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます。
  • 支払い期間と標準学習期間は異なります。
  • 標準学習期間は3ヵ月、添削回数は1回+最終課題(検定試験)です。

お支払いは以下の方法から
選べます!

クレジットカード払いは
インターネットのみ、一括払いのみ

認知症介助士講座 開発担当者からのメッセージ

開発者

渡邊 友美

10年ほど前に逝去した祖父が認知症でした。知識がない私には、ただ時間が過ぎるのを待つことしかできませんでした。テキストの原稿を読むたびに、「祖父に対してこうすればよかった…」と後悔が。適切な対応方法を知ることで、患者本人はもちろん、家族など周囲の人も楽になります。

また、講座のもう一つの特徴が予防です。高齢者の4人に1人が認知症もしくは予備軍と言われます。
発症要因の一つが加齢ですから、他人事ではありません。とはいっても、健康にいいからと青汁を毎日飲むのも大変です。運動は予防に役立つからといって、毎日スポーツジムに行くのも大変です。
もっと手軽にお金をかけずにやれる予防知識を皆さんにお届けしたい… これがこの講座が予防を重視した理由です。

ぜひ皆さんも一緒に学びませんか?