ユーキャン大人クラスのサイトです。ページの先頭です。

ユーキャン大人クラスのサイト

送料当社負担・後払いOK・8日以内返品OK

パッチワーク入門講座

生地や必要な用具が一式セットに
温もりあふれる作品をご自身の手で

パッチワーク入門講座

パッチワークとは

さまざまな色やデザイン、サイズの布をつなぎ合わせて、思い思いの図柄の手芸作品を作り出すパッチワーク。
作っている瞬間が楽しいのはもちろん、出来上がった作品を飾ったり、身につけたりする時も嬉しい気分になります。作った作品が暮らしの中のさまざまなシーンを彩り、長く続けられる趣味として人気です。

こんな未来が待っている

作品ギャラリー

受講で目指す作品の世界をギャラリーでチェック!

  • ページの先頭へ

受講内容・サービス

上達のステップ ~楽しく学びながら、さまざまな生活シーンで使える7つの作品を作っていきます~

1~2ヵ月目 初めての方でも大丈夫! まずはシンプルなブックカバーから。

パッチワークの初めの一歩は、長方形の布をつなぐ、シンプルなブックカバーを作るところから。

基礎を学びながら、少しずつ形にしていきましょう。世界に一つしかない、あなただけのブックカバーが完成します。お気に入りの文庫本にかければ、読書タイムも一段と楽しくなります。

布の裁ち方、縫い方など、基本から丁寧に学べます。

布の裁ち方はもちろん、結び玉の作り方や縫い方まで、基本を丁寧に学べます。DVDで、先生の手の動きを確認しながら進められるので「手芸が苦手…」という方でも安心して進められます。

布の裁ち方、縫い方など、基本から丁寧に学べます。

3~6ヵ月目 いよいよ、パッチワークの醍醐味の一つ、キルティングをマスターします。

パッチワークの醍醐味の一つ、キルティングをマスターします。

出来上がりの作品は、「ハウス」のティーマット。ハウスは伝統的なパターンの中でも、特に親しまれているデザインです。草原のカントリーハウスのような素朴なイメージで、ティータイムにぬくもりを運びます。

キルティングのコツがやさしく身につきます。

ここでは、キルティング(キルトを作ること)の方法を学びます。パッチワークした布と裏布の間に”キルト芯”という薄い綿状の布を挟み、模様の形に縫うことを「パッチワークキルト」と言います。
キルティングのコツが、やさしく身についていきます。

キルティングのコツがやさしく身につきます。

6~12ヵ月目 ワンランク上の作品制作へ。日常生活でよく使うバッグも作れるように!

パッチワークの基礎が身についたら、思いっきり作品づくりを楽しみましょう。

講座の終盤で作るのは「ログキャビンのバッグ」。丸太の組み合わせに似ていることからその名がつきました。カントリーキルトの代表的なパターンを、落ち着いた色合いでまとめたバッグです。

持ち手のつけかた、バッグの口をくるむバイアス布のつけ方など、しっかりマスターします。

キルティングはもちろん、持ち手をつけたり、バッグの口をくるむバイアス布をつけたり、様々な工程を経て仕上げていきます。

もちろん一つ一つの作業を丁寧にテキストとDVDでお教えしますので、ご安心ください。
これまで身につけた技術を駆使して、ワンランク上の作品づくりにチャレンジしてみましょう。

パッチワークの基礎が身についたら、思いっきり作品づくりを楽しみましょう。

体験者の声。

  • 教材に定規や消しゴムまで

    自分が手芸をやっていたものですから、教材で定規や消しゴムを見たときには“こんなものまで来るんだ”と思いました。最初にシンブルやシームオープナーなど普段私が使っていない道具を見たときは、“これって、使いこなせるのかしら?”と思いましたが、使ってみたら“なるほど、こうした道具はそれなりに必要なものなんだ!”ということがわかりました。

    (50代・女性)

  • テキストが本当に丁寧ですね

    六角形の布を縫い合わせる『ヘキサゴンポーチ』は難しいと感じましたが、生地の方向を上手に縫い合わせると伸びないし、きれいにできました。テキストには生地の方向も書いてあるんです。本当に丁寧ですね。一見、複雑で難しそうに見えても、縦に一列ずつ作って最後に縫い合わせればいいとか、縫いしろの倒し方とか、テキストの通りにやったらきれいにでき上がりました。

    (70代・女性)

  • 先生からのアドバイスが新鮮でした

    通信講座ですが、まるで先生と直接会話しているような感じで、それがとても楽しかったです。私がパッチワークを作っても“きれいに出来た!”という感じで自己満足しているだけで、あとはお友だちに見てもらうというぐらいでした。それがパッチワークをされている先生方に自分の作った物を見てもらって、アドバイスをいただけるのが新鮮でした。

    (60代・女性)

  • ページの先頭へ

パッチワーク入門講座 教材・テキスト紹介

パッチワークキルト作家の斉藤謠子(さいとうようこ)先生がやさしく教えます。

パッチワーク講座の監修・作品提供は、日本を代表するパッチワークキルト作家のひとり、斉藤謠子(さいとうようこ)先生。テキストどおりに進めていくだけで、斉藤先生ならではの落ち着いた素朴な作品づくりを楽しめます。
37種類の布、逸品揃いの用具など必要なものが全て揃っているので、届いたその日から、ぜひチャレンジしてみてください。

  • ページの先頭へ

パッチワーク入門講座 その他のサービス

  • 1.個別添削は4回!

    4作品で実物添削を受けられます。ご自分ではなかなか気づけないところまで丁寧に確認し、より上達するようアドバイスします。

  • 2.わからないことも気軽に質問できる!

    レッスンについてわからないことが出てきたら、専用の質問用紙やメールでお気軽にご質問ください。経験豊富な講師陣が、しっかりとお答えします。

    • 質問の回答には、多少お時間をいただきます。なお、1日あたりの質問回数には制限を設けさせていただいています。通信料はお客様のご負担となります。
  • 3.最長2年間の受講サービス

    当講座の標準学習期間は12ヵ月ですが、受講開始から2年まではすべての指導サービスが受けられます。
    お忙しい方やじっくりと進めたい方も、マイペースで楽しめます。

  • 4.さらに広がるパッチワークの世界

    テキストでは作品のアレンジ例もご紹介しています。
    作品づくりに慣れたら、アレンジ例を参考にオリジナル作品づくりにチャレンジするのも素敵です。

  • ページの先頭へ

費用・教材一覧について

お届けする教材一覧

お届けする教材一覧
メインテキスト:2冊(1基礎編、2応用編)
  • 添削:4
  • 標準学習期間:12ヵ月(サポート期間:受講開始から2年まで指導いたします。)
副教材
実物大型紙、実物大アップリケ図案、ガイドブック、DVD(77分)、
受講生カード、作品提出用封筒
用具・材料・機器など
パッチワーク布37種類、キルト綿、キルト糸3巻、刺しゅう糸3種、
布テープ4種、ゴム2種、ボタン2個、カードケース用ビニールケース、
パッチワークボード、針セット、シームオープナー、メタルシンブル2種、
レザーシンブル、指ぬき、ゴムサック、待ち針、定規、ファブリック消しゴム、
しつけ糸、しつけ針、チャコペンシル、プッシュピン、刺しゅう針
  • 内容・仕様は変更になる場合があります。

パッチワーク入門講座 費用

一括払い

47,000
(税込み・送料当社負担)

分割払い

2,980円 ×16(16ヵ月) 総計:47,680
(税込み・送料当社負担)

  • 金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます。
  • 支払い期間と標準学習期間は異なります。
  • 標準学習期間は12ヵ月、添削回数は4回(実物添削)です。

お支払いは以下の方法から
選べます!

クレジットカード払いは
インターネットのみ、一括払いのみ

パッチワーク入門講座 指導担当者からのメッセージ

指導担当者

伊坂 直

「不器用だから縫い物はちょっと…」と敬遠していませんか?

初めは誰でも大きな縫い目になって、少々見栄えも悪いかもしれません。
でも日々の中で、1時間でも2時間でもテキストと首っ引きで、すべてを忘れて集中する時間はとても貴重です。何より出来上がったときの達成感は何物にも代えがたいもの。

私たちと一緒に楽しい作品作りの時間を共有してみませんか?
最後の作品は、きっとお友達にも自慢したくなること請け合いですよ。