ユーキャンのシステムアーキテクト講座

情報処理技術者試験 過去問題はIPA公式サイトをご参照ください
経済産業省管轄の独立行政法人、IPA(情報処理推進機構)が運営する国家資格『情報処理技術者試験』の区分の1つである『システムアーキテクト』。

「共通キャリア・スキルフレームワーク」

のレベル4に相当します。“顧客の信頼向上をめざす”企業なら、まさに社員に取得させたい国家資格です。

システムアーキテクト試験概要(IPA WEBサイトより)

1.対象者像
高度IT人材として確立した専門分野をもち、ITストラテジストによる提案を受けて、情報システム又は組込みシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計し、情報システムについては開発を主導する者。
2.業務と役割
情報システム:情報システム戦略を具体化するための情報システムの構造の設計や、開発に必要となる要件の定義、システム方式の設計及び情報システムを開発する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。
  1. 情報システム戦略を具体化するために、全体最適の観点から、対象とする情報システムの構造を設計する。
  2. 全体システム化計画及び個別システム化構想・計画を具体化するために、対象とする情報システムの開発に必要となる要件を分析、整理し、取りまとめる。
  3. 対象とする情報システムの要件を実現する最適なシステム方式を設計する。
  4. 要件及び設計されたシステム方式に基づいて、要求された品質を満足するソフトウェアの設計・開発、テスト、運用及び保守についての検討を行い、対象とする情報システムを開発する。なお、ネットワーク、データベースなどの固有技術については、必要に応じて専門家の支援を受ける。
  5. 対象とする情報システム及びその効果を評価する。
組込みシステム:組込みシステムの要件を調査・分析し、機能仕様を決定し、ハードウェアとソフトウェアの要求仕様を取りまとめる業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。
  1. 組込みシステムの企画・開発計画に基づき、対象とする組込みシステムの機能要件、技術的要件、環境条件、品質要件を調査・分析し、機能仕様を決定する。
  2. 機能仕様を実現するハードウェアとソフトウェアへの機能分担を検討して、最適なシステムアーキテクチャを設計し、ハードウェアとソフトウェアの要求仕様を取りまとめる。
  3. 汎用的なモジュールの導入の妥当性や開発されたソフトウェア資産の再利用の可能性について方針を策定する。
3.期待する技術水準
システムアーキテクトの業務と役割を円滑に遂行するため、次の知識・実践能力が要求される。
情報システム:
  1. 情報システム戦略を正しく理解し、業務モデル・情報システム全体体系を検討できる。
  2. 各種業務プロセスについての専門知識とシステムに関する知識を有し、双方を活用して、適切なシステムを提案できる。
  3. 企業のビジネス活動を抽象化(モデル化)して、情報技術を適用できる形に再構成できる。
  4. 業種ごとのベストプラクティスや主要企業の業務プロセスの状況、同一業種の多くのユーザ企業における業務プロセスの状況、業種ごとの専門知識、業界固有の慣行などに関する知見をもつ。
  5. 情報システムの実現方式、開発手法、ソフトウェアパッケージなどの汎用的なシステムに関する知見をもち、適切な選択と適用ができる。
  6. OS、データベース、ネットワークなどにかかわる基本的要素技術に関する知見をもち、その技術リスクと影響を勘案し、適切な情報システムを構築し、保守できる。
  7. 情報システムのシステム運用、業務運用、投資効果及び業務効果について、適切な評価基準を設定し、分析・評価できる。
  8. 多数の企業への展開を念頭において、ソフトウェアや、システムサービスの汎用化を検討できる。
組込みシステム:
  1. 対象とする組込みシステムが用いられる環境条件や安全性などの品質要件を吟味し、実現すべき機能仕様を決定できる。
  2. 対象とする組込みシステムの機能仕様に基づき、ハードウェアとソフトウェアの適切な組合せを設計し、それぞれの要求仕様としてまとめることができる。
  3. リアルタイムOSに関する深い知識と汎用的なモジュールに対する知識を有し、ソフトウェア資産の再利用可能性の検討や、適切な活用ができる。
4.レベル対応
共通キャリア・スキルフレームワークの人材像:システムアーキテクト、テクニカルスペシャリストのレベル4の前提要件。

講座の特長

手軽な反復学習とWebテストで知識定着
PCはもちろん、携帯電話・スマートフォンからも利用できるWebコンテンツで「システムアーキテクト」に必要な知識を着実かつ効率的に身に付けられます。
大きな音が出せない場所でも学習可能な“字幕付き”動画教材となっており、“すきま時間”をさらに有効活用できます。
数単元のまとまったテーマごとに、実力テスト及び解説をPC上で確認学習できます。
持ち歩ける教材で空き時間を有効活用
携帯性にも優れたバインダー式テキストは1つのテーマがA4表裏の2ページで完結。全内容を要領よく覚えられる明解編集です。
学習項目の明確化で高効率学習を実現
学習項目は明確なテーマごとに分割されているので、全試験範囲を網羅的に学習することも、苦手分野などの特定カテゴリを集中学習することも可能!
PC・携帯からメールで気軽に質問
学習の内容について分からないことは学習サポート期間中なら、何度でもメールで質問可能。 学ぶ受講者に寄り添って、疑問にはわかるまで丁寧にお答えします。
管理者のための「受講進捗管理システム」もご用意
法人/団体のお客様には、Web上で受講者の進捗状況(テストを受けた回数、日時、得点など)を確認できるサービスを提供しています(※PCのみ)。
管理者の方にも進捗・得点が一目でわかり受講者の評価を明確に把握。ダウンロード機能で報告用の資料作成も簡単です。
学習の「見える化」は受講者のモチベーション維持にも繋がります。

教材

  • バインダーテキスト全3冊
  • ガイドブック
  • 実践ワークブック(情報システム編、組み込みシステム編)
  • 付録 午後試験強化対策
  • 本試験過去問題 2冊
  • 論文問題提出用紙兼論文評価表、プロジェクト概要、論文原稿用紙 2セット
インターネット指導サービス「学びオンラインプラス」
動画 94テーマ
確認テスト 79回
実力テスト(PCのみ)20回

※教材、Webコンテンツは一部変更になる場合があります。

受講費用とサポート

受講費 100,800円(税込)
標準学習期間…2~4ヵ月
学習サポート期間…12ヵ月
Web添削(実力テスト)有
論文添削(2回)
メール質問可(学習サポート期間は質問回数無制限)
PCによる進捗管理システム対応
「企業様専用修了証」発行