全400作品のうち、一部の作品を紹介します。

作品1 日々是好日(にちにちこれこうじつ)

「好い日」は、何も特別な記念日だけではありません。
当たり前の毎日を大切に過ごし、常に心穏やかでいたいもの。幸せのヒントが込められた格言です。
作品2 桃花笑う(とうかわらう)

桃の花が可愛らしくほころんだ様子を、個性的でユーモラスな書体で。
作品3 歩々清風を起す(ほほせいふうをおこす)

一歩一歩あゆむごとに清涼な風が起こる、清清しい様子を示した言葉。澄んだ気持ちで前に進めば、新しい世界が目の前に開けて新鮮な感動が起こります。
作品4 福(ふく)

縁起のよい「福」の一字をしっかりと肉太に書いています。
作品5 一期一会(いちごいちえ)

今日という日は今日限り。二度と戻らないかけがえのない日々ならば、その時々の出会いを大切にしましょう、という意味合いを持つ言葉です。茶席に入るときの心構えとしても説かれる、大切な教えです。
作品6 平常心(びょうじょうしん)

「平常心」とは、目先の事にとらわれない、落ち着いた心境を表します。いざという大事な時こそ、忘れずにいたい心構えです。
作品7 和顔愛語(わげんあいご)

人はやさしい言葉をかけるとき、自然と顔もやさしくなる」という意。温かく丸みのある楷書で、一字一字を丁寧にしたためます。



閉じる

copyright