TOEIC(E)テスト対策テキスト拡大見本

CD16 Track03 TODAY’s LESSON

では、衣類や身に着けるものに関する表現について、特に注意しておきたいポイントを押さえていきましょう。

POINT CHECK

ポイント1 衣類に関する動詞は、「動作」と「状態」が区別される

・Part1では、衣類についての動詞の語法が試される
・「動作」を表す動詞と「状態」を表す動詞をしっかりと区別する

[動作を表す例]

He is putting on his tie.
(Or: He is putting his tie on.)
He is tying his tie.
He is getting dressed.

[状態を表す例]

He is wearing a tie.
He has on a tie. (Or: He has a tie on.)
He is dressed in a tie.

A.動作を表す動詞:「脱いでいる」「着ている」など、現在行っている動作を表す

・ take off、get dressed、put on、changeなどの動詞は「動作」を表す

He’s taking off his pajamas.
He’s getting dressed.
He’s putting on a jacket.

take A off:Aを脱ぐ
get dressed:服を着る
put on A: Aを着る

<その他の表現例>

get undressed:服を脱ぐ
change into A:Aに着替える

[動作を表す動詞]

trying on clothes tying a tie tying an apron buttoning a shirt zipping up a jacket buckling a belt strapping on helmet

[接頭辞 un-]

He’s unbuttoning his coat.

B.状態を表す動詞:「脱ぐ」「着る」などの動作がすでに終わっている状態を表す

・be wearing、be dressed、have onなどの動詞は「状態」を表す

He’s wearing a suit.
He’s dressed in a suit and tie.
He has a jacket on.
He has on a jacket.

wear A:Aを身に着けている
be dressed in A:Aを身に着けている
have A on/have on A:Aを身に着けている

ポイント2 Part1では、衣類に関する動詞のひっかけに注意しよう

・「動作」と「状態」を逆に表現している選択肢に注意する
・「状態」を表す表現が正解となる場合が多い

[誤った表現の例]

× She’s putting on a jacket.
× She’s trying on a jacket.
× She’s buttoning her jacket.
× She’s zipping up her jacket.
× She’s taking off her jacket.

[正しい表現の例]

She’s wearing a jacket.
She’s dressed in a jacket.
She has on a jacket.
She has a jacket on.

LESSON51 Part7 広告 Advertisements

こんにちは。担当講師の花田です。今日はリーディングセクションのPart7を攻略していきます。テーマは「広告」です。ではまずTOEICテスト形式の問題を2問解いてください。制限時間は2分です。

●Example Questions

Directions:Select the best answer for each question.

Questions 1 and 2 refer to the following advertisement.

@ What will customers receive in July?

(A) A 50% discount
(B) Free delivery
(C) A gift certificate
(D) Lower prices

A What service is NOT offered by Clean Quick?

(A) Some-day cleaning
(B) Shoe repair
(C) Rug cleaning
(D) Odor removal

TODAY’s LESSON

ポイント1 Part7には広告の問題がよく出題される

Part7には1つのパッセージから出題される場合と、2つのパッセージから出題される場合の、2つのパターンがありますが、広告の場合はそのどちらにも登場します。通常、ほかのパッセージよりも解きやすい問題です。新聞記事の問題と広告の問題、両者の特徴を比べてみましょう。

広告
・短い
・語彙が平易
・情報が図やリストにまとめてある
・質問が予想できるものが多い
・質問と答えに検索できる単語が含まれていることが多い
・答えが見つけやすい

新聞記事

・長い
・語彙が高度
・情報は文章で長い
・質問は予想しにくい
・質問と答えに検索できる単語が含まれていることもある
・答えは見つけにくい

広告の問題はほかの問題よりも簡単であるため、最初に取り組むのがいいでしょう。Paet7では簡単な問題から解きはじめて、難しい問題はあと回しにすることが、タイムマネージメント(時間管理)のカギです。

ポイント2 広告の問題でよく出題される設問

Part7の広告の問題でよく出題される設問には次のようなものがあります。

・この広告の対象は誰か?
・広告されているのはどんな製品やサービスか?
・どんな割引や宣伝が提示されているか?

※こちらは、2013年5月時点のテキストから一部抜粋したものです。

※法改正等に伴い、テキストの内容が一部変更になることがございますので、あらかじめご了承ください。