測量士補

資格試験ガイド

資料請求(無料)

測量士補は受験しやすい国家資格です

測量士補試験に受験資格はありません。しっかりした受験準備さえしておけば、誰にでも合格のチャンスが十分にあります。

合格の目安は65%以上の正解率

合格定員が決められている試験ではないので、合格基準点以上取れば何名でも合格できます。合格ラインは例年、全体で約65%の得点です(毎年公表される「受験案内」で発表されます)。
当講座では過去10年以上の出題傾向を徹底分析。試験範囲を網羅した上で、初学者でも着実に合格ラインが突破できる様々な工夫を凝らしています。

解答しやすい五肢択一式

試験科目は8科目あり、計28問が出題されますが、すべてが比較的解答しやすい五肢択一式です。5つの選択肢の中から正解を1つ選び出せばいいので、当講座で学習する知識や公式をきちんと整理し、出題されやすいポイントを押さえておけば、回答するのはそれほど難しいことではありません。

合格率は20〜40%と高めです

ここ数年の合格率は20%を超えています。これは他の有望国家資格の合格率に比べると高い数字です。当講座でしっかり対策しておけば、合格にさらに近づくでしょう。

年度 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率
平成24年度 10,551 4,289 40.7%
平成25年度 10,596 2,248 21.2%
平成26年度 11,118 4,417 39.7%

試験日程・データ

受験資格 年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます
試験日時 例年5月中旬〜下旬の日曜日に行われます。(合格発表は7月中旬)
受験地 北海道、宮城県、秋田県、東京都、新潟県、富山県、愛知県、大阪府、島根県、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県
試験科目 以下8科目

測量に関する法規、多角測量、汎地球測位システム測量、水準測量、地形測量、写真測量、地図編集、応用測量
試験方法 筆記試験(五肢択一のマークシート式)

※実技試験はありません
受験手続 例年1月初旬頃に、関係機関(国土地理院、地方測量部など)より、受験願書が配布されますので、各自ご請求のうえ、所定の期間(例年1月下旬)までに受験手続を取ることが必要です。
試験実施団体 国土地理院の試験情報ページ

教材について

一括払い

49,000
(税込み・送料当社負担)

教育訓練給付制度
(一般教育訓練)対象

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申込み