販売士

検定・資格試験ガイド

資料請求(無料)

販売士は初めてでも取りやすい資格です!

販売士試験は、どの級を受けるにも年齢、実務経験、学歴などの受験資格は一切必要ありません! どなたでも、何級からでも受けていただけます。


販売士の試験問題は、記述の正誤を問う問題や、用語を選んで穴埋めする問題、組み合わせ問題など、すべてマークシート方式による選択問題です。


販売士試験は全部で5科目からなり、合格ラインは全科目平均70%以上かつ、各科目50%以上です。100点を目指す必要はありません!

試験日程・詳細データ

販売士3級 販売士2級
受験資格 特に制限なし。どなたでも受験できます。
試験時期 年2回 (例年2月・7月) 年1回 (例年10月)
出題範囲 (1)小売業の類型 (2)マーチャンダイジング (3)ストアオペレーション (4)マーケティング (5)販売・経営管理
試験形式 マークシート方式による選択問題
試験対象 売り場の担当者・販売員など

・小売店舗を運営するための基本的な仕組みを理解し、販売員としての基礎的な知識と技術を身につけて、販売業務に活かします。

・最近では小売業だけでなく、営業担当の必須知識として、社員教育に取り入れる卸売業やメーカーも増えています。
売り場主任、部課長など、部下を指導する立場にある中堅幹部クラス

・店舗管理に不可欠な従業員の育成や指導、仕入れや在庫の管理といった知識が身につきます。

・大手の小売業などでは部課長への昇進試験に活用しているところもあります。
合格基準 全科目平均70%かつ、科目ごとの得点が50%以上あること
受験料 4,000円 (税込) 5,500円 (税込)
詳細情報 詳しくは、日本商工会議所の検定ホームページ でご確認ください。
3級と2級、どちらを目指そうか迷っています…。

現場で販売員として活躍している方、または販売員の基礎としての知識を身につけたい方は3級からのスタートがおすすめです。2級になると、より専門的な知識を身につけ、販売促進の企画や部下の育成に活かせるようになります。
販売士試験は何級からでも受けられるので、今のあなたの実力にあった級からぜひチャレンジを!

読みやすい! わかりやすい! 工夫いっぱいのテキスト

ゼロから短期間で合格力を身につけるため、テキストには学習をしやすくする工夫がいっぱい!まったく初めての方でも効率よく合格が目指せるようになっています。

さらに、お忙しい方でもスキマ時間にサッと学べる充実の副教材も要チェックです!

カリキュラムを見たい方は資料請求!

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細

一括払い

39,000円〜
(税込み・送料無料)

教育訓練給付制度対象

コースによって金額は異なります

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申込み