みんなの「あるある」試験失敗体験談

いよいよ、試験当日! 自分が勉強してきたことを、全て発揮したいところです。でも、中には実力を発揮しきれなかったという人も・・・そんな失敗に陥らない為に、過去の失敗体験談と陥らない為の対策をまとめました。

試験の申し込み期限に間に合わず、受けられなかった・・・。

失敗その1

プロからのアドバイス

FR試験は年に3回実施されます。願書受付期間は、3月中旬〜3月下旬、7月上旬〜7月下旬、11月上旬〜11月下旬の計3期間。申し込みを忘れたら、いくら勉強しても合格できません。注意してくださいね。

会場に行く途中に道に迷って大遅刻。焦ってテストの結果も散々・・・

失敗その2

プロからのアドバイス

遅刻は絶対に厳禁。それで実力を出せなかったら後悔しますよ。できるなら事前に会場の下見をしておくこと。そして、試験前日は必ず会場へのアクセスを調べておきましょう。

長時間の試験なのに、まさかの時間切れ・・・

失敗その3

プロからのアドバイス

FP試験に時間の余裕はありません。問題数が多く、時間のかかる計算問題もあるので、むしろ足りないのでは。さくさく解ける問題を先に解き、あまった時間で手強い問題に挑むのがおすすめです。

マークシートを書き間違えてしまい、大幅に時間をロス。

失敗その4

プロからのアドバイス

マークシートは一問ごとに塗ってください。まとめて塗ってしまうと、書き間違える確率が増えますよ。焦って解答するのではなく、落ち着いて解答することを心がけてください。

初めての試験でどうも落ち着かないし、ひどく緊張してしまった

失敗その5

プロからのアドバイス

試験当日のプレッシャーに負けないように、早め早めの行動をおすすめします。30分〜1時間ほど余裕を持って、会場に向かうのもいいですね。早く会場に着くだけで、あまり緊張せずに試験を受けることができますよ。

試験で失敗しないために…

出題される範囲は非常に広いため、各分野の細かい部分まで深入りすることは非効率です。
試験には学科試験と実技試験がありますが、それぞれ6割以上の正解率で合格! つまり満点を狙う必要はありません。毎年1,000人以上の合格者が誕生しているユーキャンのFP講座で、効率よく合格を目指しましょう。