ファイナンシャルプランナー(FP)

【FP】ファイナンシャルプランナーコラム

資料請求(無料)

生命保険ってどんな種類がある? どう入ればよい?

もしものアクシデントに備えるのが生命保険です。しかし、どんな保険に、どのくらいの期間、いつ入っておけばよいのか、自分ではわからない人が多いものです。

ファイナンシャルプランナー資格には「リスク管理」という科目があり、生命保険のしくみや種類、選び方などを学ぶことができます。ここで得た知識は、自分や家族の保険を検討する際にも役立ちます。

具体的にどのようなことを学ぶのかをご紹介しましょう。

もしもの死亡に備える生命保険

私たちの人生には、さまざまなリスクがあります。その中でも特に負担の大きい「死亡」に備えるのが生命保険です。

生命保険は、世帯主などが万が一亡くなったときに、残された家族が生活していくためのお金が給付される保険です。生命保険には複数の種類がありますが、主なものは以下の4つです。


1.定期保険
保険期間が一定で、保険期間中に死亡した場合に死亡保険金が受け取れるタイプの保険です。満期保険金はありません。保険期間中に死亡事故が起こらなければ、保険料を払って契約が終了しますので「掛け捨てタイプ」とも呼ばれます。


2.終身保険
保険期間が「終身」つまり一生涯続き、死亡した場合に死亡保険金が受け取れるタイプの保険です。満期保険金はありませんが、保険期間が生涯続くので、いずれは必ず死亡保険金を受け取ることになります。保険料の払い込みが一定年齢、または一定期間で満了する有期払い込みタイプと、一生涯払い続ける終身払い込みタイプがあります。


3.定期付終身保険
定期保険と終身保険を合わせたタイプの保険です。一定期間までは定期保険部分と終身保険部分の両方から死亡保険金が受け取れ、定期保険期間が終了すると、終身保険だけが残るしくみです。


4.養老保険
保険期間が一定で、その間に死亡した場合には死亡保険金が、満期時に生存していた場合には満期保険金が受け取れるタイプの保険です。死亡保険金と満期保険金は同額です。

生命保険の加入方法

一般的に、生命保険は結婚や出産のタイミングで加入する人が多いようです。必要保障額は、以下のように計算します。


必要保障額=「A.残された家族の人生に必要な金額」―「B.残された家族が受け取る収入・貯蓄


A.残された家族の人生に必要な金額

【残された家族の生活費】
末子が独立するまでは現在の7割から8割、末子の独立後、配偶者が亡くなるまでは現在の5割から6割の金額として計算します。

【残された家族の住居費】
末子が独立するまでは現在と同額、末子の独立後、配偶者が亡くなるまでは現在の5割から6割の金額として計算します。

【残された子どもの教育費】
希望する進路に合わせて、現在から独立するまでに必要な金額を計算します。

【死亡整理金】
葬儀費用など


B.残された家族が受け取る収入・貯蓄

【残された家族の収入】
配偶者が働く場合などに得られる収入を計算します。

【死亡退職金】
受け取れると想定される金額

【年金】
残された配偶者が受け取る遺族年金や、老齢年金

【貯蓄】
現時点での貯蓄額



必要保障額は、常に同額ではありません。子どもが増えたとき、マイホーム購入時、子どもの独立時などには保障金額や内容を見直すのが理想的です。また、人生で叶えたいイベントや、希望する暮らしぶりによっても個人差があります。

そこで、前述した保険の種類を組み合わせる、もしくは保障額を変更することによって、家族の現状に合った保障を準備するようにしましょう。ファイナンシャルプランナー資格で学ぶ知識を活かせば、ご自身に合った保険を見つけることができるようになります。

この記事内の情報は、2013年12月3日時点のものです

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座について

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細はこちら

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細