ファイナンシャルプランナー(FP)

【FP】ファイナンシャルプランナーコラム

資料請求(無料)

キャリアアップも可能!?ファイナンシャルプランナー資格を活かせる会社や企業とは?

キャリアアップのために資格の取得を目指す人は多いものです。しかし、すべての資格が取得したからといってすぐにキャリアアップにつながるわけではありません。

ファイナンシャルプランナーも、資格を活かしやすい業界とそうでない業界とがあります。

ここでは、ファイナンシャルプランナーの資格を活かすチャンスが多い会社や企業をご紹介します。

資格を活かすチャンスが多い金融系の仕事

ファイナンシャルプランナーの資格を活用できるチャンスが多いのは、金融系の仕事です。

例えば、ファイナンシャルプランナー資格保有者は就職や転職をする際、銀行、保険、証券の業種では、歓迎される傾向にあります。顧客の家族構成や資産、仕事や将来のライフプランに合わせて必要な貯蓄や保障を準備したり、そのためによりよい運用方法を提案したりする、ファイナンシャルプランニングの業務に従事することができるのです。特に2級FP技能士以上のレベルを保有していると、より有利なようです。


具体的には、銀行では来店者や預金者に資産運用のアドバイスや住宅ローンの相談、借り入れや返済シミュレーション、金融商品の紹介を行う業務があります。


保険では、特に営業職の求人募集を多く見かけます。個人の顧客には、家族の万が一に備える生命保険や、病気、けがをしたときにかかる医療費をカバーする医療保険、子どもの教育費を貯蓄するための学資保険を提案したり、法人向けには、経営者の万が一のリスクに備える保険を提案したりするのが主な業務です。


証券では、顧客の資産運用をサポートするために、株式や債券、投資信託などの金融商品について情報を提供するコンサルティング業務のほか、金融やマーケットの調査、分析を行って金融商品を開発する業務などがあります。



ファイナンシャルプランナーに注目する企業は今後増える可能性も?

ファイナンシャルプランナーの知識は、今後より多くの会社や企業で注目される可能性があります。というのも、ファイナンシャルプランナーはさまざまなお金の知識を扱うからです。

例えば、相続や不動産に関連した知識であれば、信託銀行や不動産会社で活用できるでしょう。ライフプランや資産運用に関連した知識は、子どもの教育費やキャリアプランなどにも関わってくるので、教育関連のメディアや、塾などの教育機関でも必要とされつつあります。

また、直接はファイナンシャルプランナーに関連がなさそうでも、経理や総務、税務に関わる仕事では、業種を問わず知識が役に立つことがあります。



経済についての知識はどの会社でも必須

どんな業界で、どんな業務を担当していても、経済の動向を理解していることや、金融についての知識があることは、社会人としての信頼感につながります。なにより、ファイナンシャルプランナー資格を取得していると、「お金について網羅的に学習している」ことの証になります。

ですから、金融や経済についてのリテラシーが高い人材として評価される可能性もあるでしょう。企業によっては、資格の取得を奨励したり、社内登用の材料として導入したりするところもあります。ご自身のお勤め先で、そのような制度があれば、資格を取得すればキャリアアップに直結させることも可能です。

また、金融や経済への理解が深まることで、ご自身の業界への理解も深まる、あるいは新しいアイディアにつながることもあるかもしれません。
今後は、より広い業界でファイナンシャルプランナーの資格が活用できるようになるでしょう。


この記事内の情報は、2013年9月20日時点のものです

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座について

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細はこちら

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細