ファイナンシャルプランナー(FP)

独立・開業して活躍!(独立系FP)

資料請求(無料)

幅広く活躍できるのが魅力!

幅広く活躍できるのが魅力!

独立系FPは、相談業務の他、講師としてセミナーを開いたり、雑誌などで執筆活動をしたり、幅広く活躍できます。

企業に属するFPとは違う、ノルマや商品のしばりのない独立系FPが注目され始めています。自分の努力次第で好収入が見込めるのも魅力です!

「FP+他資格」、「他資格+FP」で開業への道もぐんと広がる

「FP+他資格」、「他資格+FP」で開業への道もぐんと広がる

ファイナンシャルプランナー(FP)は、年金・保険・不動産などの幅広い分野の知識をバランスよく持っている一方で、各分野の1つないし複数の分野について、さらに専門的な知識を持っていることが理想とされています。

宅建士や社労士などの専門的な知識を組み合わせることで、今まで以上に詳しい提案やアドバイスができるようになりますから、独立・開業の際には大きな武器に! 実際に活躍しているファイナンシャルプランナー(FP)の多くは、自分の得意分野(専門分野)を持っています。

また、宅建士や社労士をすでに持っている方にとって、FPの幅広い知識は専門以外の幅広い視野をもたらしてくれるので、大変重宝する資格とも言えます。

FPとして独立、 次は宅建士を。

例えば弁護士って離婚問題に強い方、民事の賠償問題に強い方をはじめ、色々ジャンルがあるそうですけど、我々も多分そうだと思うんです。私は宅建士を取って不動産に関してもうちょっと掘り下げていきたいです。実際宅建士の資格を持っていないと踏み出せない領域がありますから。自分の得意分野を見つけることが大事だと思います。

(20代・男性)

専門知識がないと、やっぱり試験は難しい?

専門知識がないと、やっぱり試験は難しい?

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は、「お金」に関わる身近な分野を扱うので、専門知識がない初めての方でも比較的学習がしやすく、きちんと対策をすれば十分合格できます!

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する